サザエさん 22巻

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022588227

作品紹介・あらすじ

令和になっても愛されつづける長谷川町子の世界。長年にわたって読者から復刊を望む声が多かった、昭和21(1946)年から刊行されたオリジナル版の『サザエさん』(全68巻)がついに刊行。新たに新聞掲載日と注釈が付き世代を超えて楽しめます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぼくの唯一の癒し漫画になりつつある「サザエさん」。本作も長谷川大先生の見事な筆致に、ぼくは大いに癒されたのでした。
    しかし、コロナ禍による行政からの行動制限が目につく今日、本巻もなかなか興味深いお話が多くあった。本巻は昭和30年代初頭が舞台だが、当時の政府は色々と私権制限というか統制みたいなことを行なっている。本巻で出てくる例は、「騒音防止週間」だったり、「新生活運動」などである。
    行政が市民の生活に干渉し、善導しようとしている滑稽さは、コロナ禍で「新しい生活様式」を行政が押し付けようとした様とほぼ同じであろう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

漫画家。1920年、福岡生まれ。女流漫画家として、日本で初めて大成功を収める。『サザエさん』は1949年から1974年まで朝日新聞に連載され、全国津々浦々、男女長幼を問わずみんなに愛された。1992年逝去。

「2015年 『ベスト・オブ対訳サザエさん 白版 オーモーレツの時代 The Best of Sazae-san』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川町子の作品

サザエさん 22巻を本棚に登録しているひと

ツイートする
×