生きる力 森田正馬の15の提言 (朝日選書)

著者 : 帚木蓬生
  • 朝日新聞出版 (2013年6月11日発売)
3.72
  • (4)
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022590985

作品紹介

【文学/随筆】西のフロイト、東の森田正馬。小説家として数々の受賞歴をもつ著者は、精神科医でもある。患者・普通人・自らも無理なく生きられる森田療法の15の言葉の神髄を読み解き、その生涯を見事に描き出す力作評論エッセイ。

生きる力 森田正馬の15の提言 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平常心とは、私の今のままの心
    ドキドキしてても、びくびくしててもそれが今の平常心。
    スピリチュアルや、禅 宗教に色々求めてきたけれど、
    私は私の歴史があっての今があるのだから、これでいいのだと思わせてくれた本。
    30歳のころに森田療法にふれて、もう四半世紀、
    何とかおかげで生きている。
    生かされている間はしっかり生ききろう。
    やっと求めるのをやめることが出来そうです。
    ありがたいいい本でした。

  • 【66/10000】
    「生きる力 森田正馬の15の提言」帚木逢生
     
    小説じゃない帚木さん。
    葛藤と対峙する二つの方法、が好き。
     
    ・確かに、葛藤はこころよくはありません。
    これを減らそうとするには、二つの方法が考えられます。ひとつは、悟りの境地に立って、「生の欲望」を減らすやり方です。有名なのは、京都竜安寺の手水鉢に刻まれた「吾唯足知」です。この四文字は口を共有しているため、口を中央、において、上右下左につくりが配置されています。「我ただ足るを知る」です。
    欲を捨てて自足の境地に達すれば、もはや葛藤はありません。とはいっても、これは通常人には無理な話しです。悟りをひらいた人のみに可能なやり方です。
    葛藤を少なくするもうひとつの方法があります。「生の欲望」の強さに気がつきさえすればよいのです。これならたいていの人ができます。正馬はこの第二の方法を勧めます。
    「生の欲望」が強ければ強いほど、反面で恐怖も強くなります。勝ちたがりの人は、負けるのが惜しくなります。支配欲のある人は、支配されるのを嫌います。優秀よくのある人は劣等感に悩まされます。この相反する力が自分に働いているのに気がつくと、楽になります。拮抗作用を自覚したあとは、眼を「生の欲望」のほうに向け、ひたすらつき進めばいいのです。
     
    ***以下ブクログ**

  • ・悩んでいる頭でいくら考えても、名案は浮かびません。森田が諭したように「迷いのうちの是非は、是非ともに非なり」で、悩んでいる頭で絞り出した結論が正しいはずがありません。

    ・それでは、肝腎の心はどうすればいいのでしょうか。戦いのなかでも、平時の心と同じであり、心広く、緊張も弛緩もさせず、まっすぐにします。
    さらに重要なのが、「心を静かに揺るがせて、その揺るぎの瞬間にも揺るぎやまないようにする」、「静かなるときも、心は静かではないように」、「いかに早いときでも、心は早くないように」という点です。
    つまり、ゆったりと揺るがせて、どこか一点に集中させないようにするのです。
    波のない鏡のような水面ではなく、小さな波は立って、岸辺には波が寄せては引いているものの、全体としては穏やかな湖面といった境地を、武蔵は第一と考えます。

    ・住むのは一流ホテルで、広くて豪華、バーのカウンターも完備している部屋です。ルーフバルコニーにはプールもありルームサービスでシャンパンやワイン、どんな料理でも注文できます。おまけに、美女あるいは美男の召使がそばにはべっていて、夜もベッドをともにしてくれます。学生たちは、そんな夢のような生活を想像して顔を輝かせます。
    そこで教授は受講生たちに言います。享楽の限りを尽くせるホテルですけれど、ただひとつ条件があります。

    ・森田正馬がことあるごとに説いた「なりきる」とは、あとさきも考えず、その場と一体化する状態を意味します。
    恐れや怯え、恥ずかしさなど、源になっているのは、記憶と欲望と理解です。

    ・子供はよく自分と他の子供の境遇を比べます。A君は毎月の小遣いが二万円で、サッカーシューズも高価なのをはいている。おやつによばれていったら、とびきりおいしいアイスクリームと冷えたマンゴーが出た。ぼくも、あんなになりたい、と母親に訴えて困らせるかもしれません。
    そんなとき、一番効果のある母親の返事は、だったらA君のお家に行って、ぼくを子供にして下さいと頼みなさい、ひょっとしたら子供にしてもらえるかもしれないよ、です。
    子供にしてみれば、A君の生活がいくら羨ましくても、まさかそこの子供になれるなど、考えてはいません。また自分の母親から離れて、よその子になるなど、嫌でしょう。あくまでも自分の母親のもとで、A君のような生活がしたいだけなのです。
    となると、もう自分の現在の境遇に従い、生きていくしかありません。これが正馬が唱道した「自然服従」なのです。

    ・正岡子規にとって、脊椎カリエスでの仰臥生活と痛みは、まぎれもない自然でした。回避したり、拒絶できない境遇でした。服従以外の道はなかったのです。
    服従しないとしたら、絶望しかないでしょう。うちひしがれて、ひたすら我が身の不幸を嘆くだけです。

    「病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広すぎるのである。僅かに手を延ばして畳に触れる事はあるが、蒲団の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事もできない。」

    この境遇が、いかに不自由で、激痛を伴う生活であっても、子規は我が身を呪ったり嘆いたりはしません。全幅の服従を決め込んだのです。
    「その煩悶を免れる手段はもとより『現状の進行に任せる』よりほかないのである」と達観し、覚悟を決め、次のように言い切ります。

    「病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ生きて居ても何の面白味もない。」

    この「自然服従」の境遇に達して、展望が開けます。
    「ガラス球に金魚を十ばかり入れて机の上に置いてある。余は痛みをこらえながら病床からつくづくと見て居る。痛いことも痛いが綺麗なことも綺麗じゃ」

    ・確かに、葛藤はこころよくはありません。これを減らそうとするには、二つの方法が考えられます。ひとつは、悟りの境地に立って、「生の欲望」を減らすやり方です。有名なのは、京都竜安寺の手水鉢に刻まれた「吾唯足知」です。この四文字は口を共有しているため、口を中央において、上右下左につくりが配置されています。「我ただ足るを知る」です。
    欲を捨てて自足の境地に達すれば、もはや葛藤はありません。とはいっても、これは通常人には無理な話しです。悟りをひらいた人のみに可能なやり方です。
    葛藤を少なくするもうひとつの方法があります。「生の欲望」の強さに気がつきさえすればよいのです。これならたいていの人ができます。正馬はこの第二の方法を勧めます。
    「生の欲望」が強ければ強いほど、反面で恐怖も強くなります。勝ちたがりの人は、負けるのが惜しくなります。支配欲のある人は、支配されるのを嫌います。優秀よくのある人は劣等感に悩まされます。この相反する力が自分に働いているのに気がつくと、楽になります。拮抗作用を自覚したあとは、眼を「生の欲望」のほうに向け、ひたすらつき進めばいいのです。

    ・しかし「生の欲望」と手考足思の立場からすれば、デカルトは間違っています。
    本当は、「我思うゆえに我なし」、です。逆にとらえれば、「我動くゆえに我あり」、なのです。

    ・抑留の理不尽さ残酷さ、厳寒の流刑地で死んでいた戦友たちを画家の眼で脳裏に刻みつけた香月が、鎮魂のために懸命に絵筆をふるったのです。母親から買ってもらい、抑留地でも使った絵具箱の蓋裏に執念で書きつけた十二文字、葬・月・憩・薬・飛・風・道・鋸・朝・陽・伐・雨を、題材にして、執念を画面にほとばしらせたのです。
    そんな香月にとって、故郷の三隅の地こそが<私の地球>であり、世界の中心でした。
    人の一生は、宇宙の時間に比すると、ほんの一瞬です。しかしその一瞬が一生であり、一生のわずかな一瞬一瞬が一生であるのも間違いありません。
    …生きつくす。死ぬとは、生きつくすの同義語です。石にかじりついても、人は生きなければならないのです。精神療法が全く存在しなかった時代に、西のフロイトと対峙するように、全く考え方の異なる療法を樹立した森田正馬も、「石に齧りついても、生きねばならぬ」と人に説きつつ、64年の人生を見事に生きつくしました。

    ・ピショー先生は、ヒポコンドリー基調(身体の変調を気にする気質)と精神交互作用(注意を病感に向ければ向けるほど病感は増大)、そして思想の矛盾(理想と現実の葛藤)の三つどもえで、神経質状態は否応なく重篤化していくという正馬の考え方に賛意を表しています。

  • 【内容】20世紀の初頭、西のフロイトと全くかけ離れた、東の森田正馬が創出した「森田療法」とは何か。薬を用いず、現在も学校現場や職場のメンタルヘルスでも実践され、認知行動療法にも取り入れられている、著者が臨床三十五年のなかで、患者に応用し、一般人にもそして自らも指針としてきた療法とその創始者の生涯を、小説家と精神科医の二つの奥深い視点からとらえた画期的な書。(「BOOK」データベースより)

    【感想】「森田正馬の15の提言」は1つ1つが、心に響く。心に寄り添うものがある。森田正馬は、明治大正期の精神科神経科医。神経質に対する精神療法である森田療法を創始した人物。彼の言葉と人生のエッセンスが、大切にまとめられてる。自らの人生をムリなくあるがままに生きていく「生きる力」をもらうことができる。生き方の価値観を変えてくれる部分はある。ストレス社会だの、メンタルヘルスだの、そんな今だからこそ手に取りたい一冊なんだと思う。

    ・「一瞬一生」…種々の悩みはあるが、生きている現時点の瞬間瞬間に、自分の一生をつぎ込んで進む。(P28-29)
    ・腰を上げやらなければならない仕事にとりあえず手を出す。身を忙しくしているうちに、縛られていた心も解き放たれ、解決策も見つかる。(P46)
    ・外相整えば内相自ずから熟す、健康のふりをしていれば健康になる。(P62)
    ・気分にはとらわれず、目の前のやるべきことをやる「目的本位」(P84)
    ・自然服従…環境と境遇を受け入れ、その中で全力で(P126)
    ・不安常住…人は不安がある。不安があるのが平常心(P154)

    【目次】
    1 一瞬一生
    2 見つめる
    3 休息は仕事の転換にあり
    4 外相整えば内相自ずから熟す
    5 いいわけ
    6 目的本位
    7 無所住心
    8 即
    9 なりきる
    10 自然服従
    11 生の欲望
    12 不安常住
    13 事実唯真
    14 あるがまま
    15 生きつくす

  • 図書館で立ち読み。
    まえがきに森田療法の概説。

    烏兎の庭 第四部 書評 6.8.13
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto04/diary/d1306.html#0608

  • 繋驢桔(けろけつ)=ロバが繋がれた杭の周りを回って動けなくなる様=心配事をじっと考えて動かないこと。
    それよりも、身を忙しくして目の前のやらなければならない仕事にとりあえず手を出す。休んで考える間なないほど日課を組む。小事を疎かにして大事ができるはずがない。


    禅僧の修行=座禅、掃除、禅問答
    本人の心理は無視=外相を整えれば内相も整う
    朝から晩まで勤勉かつ簡素な生活をし続ければ、心が邪悪になるはずがない。
    健康人のふりをしていれば健康になる。

    素直な心、の反対語は頑固、ではない。言い訳が反対語。言い訳は進歩の芽を食いつぶす。
    いいわけ=嘘をつく、責任転嫁、事態を過小化する、正当化、でも~。

    気分本位の生き方は怠惰に直結する。怠惰を正当化するために気分が理由にされる。
    その反対は、目的本位。気分がどうの、ではなく目的を果たそうと行動する。目的の行動をすれば、結果はともかくそれで良しとする。

    無所住心=周囲にまんべんなく注意を払いつつ、心は何か一つに固着しない。
    ハラハラ・ドキドキは、理想の精神状態である。集中している状態。ぼんやりしていない。
    過去と未来に着目せず、現在に集中している状態。

    即は人が食卓について食べようとしている状態。直ちに、近づく、取りも直さず。
    渾沌=莊子 しゅつこつ=あっという間の短い時間
    渾沌とは、矛盾を払いながらも成立しているこの世界のこと。
    幸即不幸。煩悩即解脱。雑念即夢想。この世は渾沌としている。

    なりきる=その場と一体化する
    妨げる3要素=記憶、欲望、理解
    悟りは、いかなる場合にも平気で生きていること。
    痛みはそれ意外の影響力はない。無我夢中でこの一瞬を生きる。

    心配事はつらい。これを受け入れる。自然服従。
    与えられた環境に自然服従し、そこから出発するしかない。

    吾唯足るを知る=口を共有している
    生の欲望に気づくこと。目の前の仕事に手を出す。
    我思う故に我なし。割れ動くゆえに我あり。

    不安は生活していく上で避けられない副産物。道路にあらわれるトンネルと同じ。両者は不可分で共存している。=不安常住。
    恐怖突入=真っ暗なトンネルの中で、前に突き進むこと。

    不安常住=常に不安を抱きながら生きていき、毎日恐怖突入していく。毎日が本番であり練習はない。

  • 第1章 一瞬一生 が誰のことを書いているのか、何を書いているのかさっぱり分からなくて途中放棄しようかと思いましたが、最後まで読んで正解でした。ふつうの生き方本とはちょっと方向性が違うのです。この本を読んでずいぶんと気持ちが楽になった人もいるのではないでしょうか。「そんなにがんばらなくても良い」と言ってもらえているようです。私自身、20代半ば転職を機に、不安発作を起こし、予期不安が出てきたり、そんな中で森田療法について書かれた本も読んだことはありました。その後、自分自身も立ち直って、すっかり忘れていたのですが、今度は自分の子どものことで不安があり、ふと読んでみようと思いました。そして、自分が抱えていたもっと大きな問題に行き当たったのです。中学生のころでしょうか、トイレをものすごくがまんしたときがありました。それがきっかけか、トイレに行く回数が増えました。授業中トイレに行きたくなることが多くなり、そのため、休み時間ごとにトイレに行くようになりました。受験のときなども緊張のあまり途中でトイレに立ったこともあります。大学に入って、90分授業になると私の不安は一段と大きくなりました。そもそも、授業に集中しているとトイレに行きたくはならない、他の事を考え出すと、トイレに行きたくなる。神経性の頻尿ということだったのだと思います。現在でも、その傾向はありますが、ずいぶんましにはなりました。しかし、若いころにはそのことで、ずいぶんと生き辛かったなあと思います。何度もトイレに行くから、誰かと一緒に出かけるのが非常に苦手でした。特に、芝居が好きだったのに、誰かと一緒に観に行くということはほとんどしたことがありません。飲み会などはいいのです。いつでもトイレに立てると分かっていれば、トイレに行きたくはならない。旅行のときはバスでの移動などがつらい。次の休憩まで2時間なんて考えただけで恐ろしい。長時間の会議もがまんの連続でした。そういえば、中学生ころは頭が痛ければ、脳腫瘍ではないか、胃が痛ければ胃潰瘍ではないかなどなど、体に対する不安も強かったと思います。もともと神経症の気質だったのだろうと思います。そして、どうやら我が子にもそういう傾向があるようでつらいです。しかし、この本を読むと、そういう自分をそのままに受け入れればいいのだということが分かります。まあ、過去のことは振り返らない。なるようになる。それくらいの気持ちがいいのだと思います。

  • ■生きる力

    A.休息は仕事の転換にあり
    休息が長くなれば、脳はいらぬ働きをする。悩みをもつ人であれば、脳はその間にいろいろ考え出す。仕事の中味を適宜変え、身を忙しくしていると脳は悩まない。

    B.目的本位
    自分の感情や気分を基準に行動することを「気分本位」、気分にとらわれず、目の前のやるべき事柄を行うことを「目的本位」という。この目的本位の生き方の方が、気分本位より実のある生き方ができる。

    C.目的本位
    自分の感情や気分を基準に行動することを「気分本位」、気分にとらわれず、目の前のやるべき事柄を行うことを「目的本位」という。この目的本位の生き方の方が、気分本位より実のある生き方ができる。

  • @TOPPOINT

  • 森田正馬は明治から大正にかけて活躍された精神医学者ですが、正直この本を読むまでは全く知らない人でした。ただ自身も神経症であったのを克服。その森田正馬の数ある言葉からよりすぐりの15の言葉を選んだのがこの本の内容です。正直どんな本か分からずに読んだのですが想像以上に良い内容でした。

    私が印象に残ったのは以下の4つの記述です

    ・「素直」の反対は「言い訳」
    ・過労死は単一の仕事を長時間続けた末に発生しやすく、ちょこちょこ頻繁に仕事の中身を変えておれば起こりにくい
    ・悩みや心配は5分以上頭で考えてはいけない。5分立てば体を動かした方がまし
    ・「ねぱならない」は英語ではMUST。「ねぱならない」を念頭において行動する生き方を「マスタ-べ-ション」と言う

    精神の病にかからないようにする秘訣はともすれば、極めて単純であることが分かりました。それ程分厚い本でありませんので、一歩間違うと誰もが精神の病にかかりかねない現代の日本では、多くの人に読んでもらいたい本だと思いました。

全17件中 1 - 10件を表示

帚木蓬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
最相 葉月
宮下 奈都
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
タル・ベン・シャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

生きる力 森田正馬の15の提言 (朝日選書)はこんな本です

生きる力 森田正馬の15の提言 (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする