インド放浪 (朝日選書 205)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022593054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インドに行った時のことを思い出した。

  • 古き日のインドの情景が目に浮かぶ。あらゆるものが流れてくるガンジス川。貧しい子供たち。暑い景色を淡々と描写する筆はまるでカミュの「異邦人」の世界のよう。鴉、火葬、少年、死神と「死」を意識するエッセイが多いのは、やはりヒンドゥの世界がそれを感じさせるのか。ヒンドゥを感じるのは特に7章の「ヒンドゥ」「ぼくは歩んだ。出会う人々は悲しいまでに愚劣であった。悲惨であった。滑稽であった。軽快であった、はなやかであった。高貴であった。荒々しかった。世界は良かった。そして美しかった。旅は無言のバイブルであった。自然は道徳であった。沈黙はぼくをとらえた。そして沈黙より出た言葉はぼくをとらえた。」「我々の中に失われつつあるもの。そのどれをとってもヒンドゥだ。」著者20歳代の若き日の放浪記。インドとの出会いのインパクトは大きい。

  • 後半のほうが若々しい文章でいい。
    前半の文章はちょっと気を抜くと影響を受けてしまう。
    人間は犬に食われるほど自由だ
    この文言はどの本ででてくるのかなぁ

全3件中 1 - 3件を表示

藤原新也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
藤原 新也
藤原 新也
ヘルマン ヘッセ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

インド放浪 (朝日選書 205)はこんな本です

ツイートする