百代の過客―日記にみる日本人 (下) (朝日選書 (260))

制作 : 金関 寿夫 
  • 朝日新聞社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022593603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦いにあけくれた足利2代将軍義詮が文化人だった!日記「住吉詣」の著者であることが確実とのこと。日本人の奥の深さを感じさせる記述です。そして残酷将軍・義教も。歌人として優れていた。旅人・宗祇「白河紀行」「宗祇終焉記」の魅力。そして能因法師、西行、宗祇の跡を訪ねる芭蕉。日本は旅が好きで優れた旅日記が多い。そして素晴らしい結語から引用・・・「日記作家こそ、まことに百代の過客、永遠の旅人に他ならない。彼らの言葉は、何世紀という時を隔てて、今なお私たちの胸に届いて来る。そして私たちを、彼らの親しい友としてくれるのである。」学校で学んで以来、開いたことのない、「奥の細道」を一度読んで見たいと思います。

  • おじいちゃんのおすすめ。
    一応全部読んだけど、私にはちょっと難しかったから、もうちょっと成長したらまた読まなきゃ。
    解説みたいな感じかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1922年、ニューヨーク生まれ。コロンビア大学、同大学院、ケンブリッジ大学を経て、53年に京都大学大学院に留学。現在、コロンビア大学名誉教授、アメリカ・アカデミー会員、日本学士院客員。菊池寛賞、読売文学賞、毎日出版文化賞など、受賞多数。2008年、文化勲章受章。主な著書に『日本人の西洋発見』『日本との出会い』『百代の過客』『日本文学史』『明治天皇』『ドナルド・キーン自伝』などがある。93歳で評伝『石川啄木』を執筆。

「2018年 『日本の美徳 日本人の心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドナルド・キーンの作品

ツイートする