絵画の領分―近代日本比較文化史研究 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (660ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022595126

作品紹介・あらすじ

18世紀の平賀源内や司馬江漢に始まるオランダ系洋風画の系譜は、高橋由一の『鮭』や『花魁』において、一挙に雄渾な迫真美の高みに達した。森鴎外と原田直次郎、夏目漱石と浅井忠、そして岸田劉生まで、近代日本勃興期の絵画と文学の親密な相互作用を、比較文化史の視点から描く。大仏次郎賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏目漱石の絵画展、東京芸大美術館、行きたい!

  • <a href="http://1sugi.cocolog-nifty.com/toybox/2006/12/post_dfb6.html" target="_blank">巡回先のブログ</a>で取り上げられていたので取り寄せて読んでみた.
    実に気合の入った力作論文満載で読み応え充分,ややゴシップめいたエピソードも適度に入れてあって631ページの大部をして退屈させない.
    しかしなんだね,日本人ってのは,たとえ専攻が「洋画」であっても行動パターンが家元制度そのまんまで,洋画の新旧派の角逐とかミュンヘン派だとかパリ派だとか外光派だとかバルビゾン派とか,やることは古今伝授や華道茶道の免許や日舞の名取の暗闘と変わらないまま今でも営々とやってるよなぁ.タコツボの中で小物同士が潰し合うのが大好きという癖は百年経っても変わらないのかねぇ.

    もうひとつ不思議なのは,この留学生たちは何で揃いも揃って西欧美術の20年遅れを大事に抱えて帰朝してくるんだろうという疑問.例えば高橋 由一でさえ Cezanne よりやや年上だけどキャリアは同じ位で Manet とほぼ同年輩.黒田 清輝なんか Seurat より年下で Matisse と同年輩(!),浅井 忠は Gauguin と同年輩で辛うじて同時代っぽいけど,岸田 劉生に至っては Duchamp より若くて Man Ray と同じくらいなんじゃないだろうか.本場に学んで来たにしては,どう見ても20年か下手すりゃ半世紀古い.もっとも岸田 劉生は留学してないか.
    まぁ学校で習う教程は常に因循なものだからそのくらいのタイムラグがあって当然だろうが,パリのベル・エポック,まさに現代絵画誕生のその時その場所に居あわせながら,何を観て誰と付き合って来たんだろうなぁこの人たちゃぁ.流行に盲随するのが良いとは言わないが,少しは同時代性ってもんを意識することは無かったんだろうか.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

芳賀徹

1931年山形県生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。同大学院比較文学比較文化博士課程修了。東京大学教養学部教授、国際日本文化研究センター教授、京都造形芸術大学教授、同大学学長などを歴任。97年、紫綬褒章受章。2006年、瑞宝中綬章受章。2018年、日本芸術院賞恩賜賞。2020年2月逝去。著書に『大君の使節』(中公新書)、『みだれ髪の系譜』(美術公論社)、『平賀源内』(朝日新聞社、サントリー学芸賞)、『絵画の領分』(朝日新聞社、大佛次郎賞)、『与謝蕪村の小さな世界』(中央公論社)、『詩歌の森へ――日本詩へのいざない』(中公新書)、『藝術の国日本 画文交響』(角川学芸出版、蓮如賞)、『文明としての徳川日本』(筑摩選書)、『桃源の水脈 東アジア詩画の比較文化史』(名古屋大学出版会)など多数。

「2021年 『文明の庫 Ⅱ 夷狄の国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芳賀徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×