パブロ・カザルス 喜びと悲しみ (朝日選書)

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : アルバート・E. カーン  吉田 秀和  郷司 敬吾 
  • 朝日新聞社 (1991年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022595393

作品紹介

20世紀最高のチェロ奏者・指揮者カザルス。90年を超えるその生涯で、第1次大戦、スペイン戦争、第2次大戦を体験した彼は、限りなく人間を愛する一方、抑圧者とは決して妥協しない闘う芸術家でもあった。ヴィクトリア女王からケネディ大統領までの、幅広い交遊の記録は、そのまま歴史の証言といえる。

パブロ・カザルス 喜びと悲しみ (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偉大なる芸術家カザルスの生涯。人間として純粋で、軍や国家の威圧にも負けず芸術活動を通して抵抗する気高い姿、バッハを全ての基本として崇拝する音楽家、現存する音楽以上に感銘を与えてくれた一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

パブロ・カザルス 喜びと悲しみ (朝日選書)はこんな本です

ツイートする