王妃エレアノール―十二世紀ルネッサンスの華 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022595942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (9月読了)
    塩野七生女史の『十字軍物語』でリチャード獅子心王のファンになった私、幽閉されたデュルンシュタイン城や、ウイーンにある身代金で栄えたという得意げなレリーフも見てきました。
    この本を読むと「レオポルト、なんて卑劣な!」と思います。得意げなウィーンの気持ち、わからない。

    エレアノール(フランス語のオイル語。南フランスのオック語ではアリエノール)はリチャード獅子心王のお母さま。この迫力といったら、リチャード獅子心王を超えているかも。

    15歳でルイ七世に嫁ぎフランス王妃に。25歳で夫とともに第二次十字軍遠征。帰国して離婚。わずか二か月後にヘンリー二世と再婚。まもなくイングランド王妃になります。
    夫の浮気が本気になったところで息子たちを味方につけます。彼らは父に反旗を翻し、フランス王である彼女の元夫の庇護を求めるのです。
    そして夫に15年間幽閉させられる。

    「こんなに情熱的で気性の激しい傲慢な女性だったエレアノールがそんなに長いこと閉じ込められたら、精神的に病んでしまうのでは?」と思ったら、とんでもない。

    >孤独と静寂のなかで、王妃が研ぎ澄まされた完成と強靭な精神力を養っていたことは、誰の目にも明らかだった。また、年を経て円熟した思慮深さが、王妃の強烈な個性にもやさしさを与えるようになっていった。
    年老いた王妃の美しさに、心打たれない者はいなかった。若き日の王妃には冷ややかだった年代記者も、囚われの王妃には深く心を動かされている。年代記者たちは、王妃をこう褒め讃えている。
    「美しく誠実で、感情がこまやか。謙譲の美徳に満ち満ちた美しい言葉で語る王妃」

    その後も彼女は活躍をつづけ、なんと83歳まで生きます。

    石井美樹子さんは神奈川大学の教授で、「32歳のとき一人娘とともに渡英」だそうです。←なんか気になる。
    すっごく面白かったので、彼女の他の本も読んでみたいです。

  • 2n

全3件中 1 - 3件を表示

石井美樹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

王妃エレアノール―十二世紀ルネッサンスの華 (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする