兵器と戦略 (朝日選書)

著者 : 江畑謙介
  • 朝日新聞 (1994年6月発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022596055

兵器と戦略 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冷戦の時代、西側が関心を持っていたのは、何発の核弾頭が頭上に落ちてくるかということだった。
    核抑止論も泥縄だった。
    ロシアが核兵器を持っていることは冷戦後も重要なことだった。
    宇宙空間の特徴は、国境gあないこと、つまり領空という概念がない。

    通信衛星の発達によってリアルタイムな戦争ができるようになった。

全1件中 1 - 1件を表示

江畑謙介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・ポースト
P.W. シンガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

兵器と戦略 (朝日選書)はこんな本です

ツイートする