中世的世界とは何だろうか (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞社
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022596550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1996年(初出86~88年)刊行。著者は神奈川大学特任教授。

  • 海民、源平・天皇・バサラ、職能民と聖/俗などをテーマに、中世日本の社会を紐解く。網野史学の主要な考え方が味わえる、入門書的な内容。ただし著者もあとがきで書いているように、若干古い内容もあり一部の主張は著者自身によって修正されている。
    魅力的でありエキセントリックでもある網野史学だが、だからこそまるのまま飲み込むのではなく、一歩引いて考えながら味わうのがよいと感じた。

  • いわゆる『網野史観』の入門書?みたいなものでしょうか。

    以前読んだ本を読み直したかったのに書名がうろおぼえで、これかなと思って読んでみたのですが、ちょっとちがったようです。でも著者の思考をたどるのにちょうどよかったです。

    今の日本の社会が形成されていく過程での後醍醐天皇の存在の大きさに着目している点に、目からうろこが落ちました。南北朝はあまり詳しくないのですが、久しぶりに太平記など読み返して、勉強しようかなと思います。

    あとがきで著者も書いているように、この本の出版後も日本史研究はどんどん進化しているので、次はもっと新しい版の本を読みたいと思います。

  • 網野史学は、議論の余地があると思うがワクワクする。私は小学生の時に網野史学に出会って、日本の中世って流動的で面白かったんだなと気づかされた。中世のアナーキーな感じが好き。

全4件中 1 - 4件を表示

中世的世界とは何だろうか (朝日選書)のその他の作品

網野善彦の作品

中世的世界とは何だろうか (朝日選書)はこんな本です

ツイートする