ダーウィンに消された男 (朝日選書)

制作 : Arnold C. Brackman  羽田 節子  新妻 昭夫 
  • 朝日新聞社 (1997年9月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022596833

作品紹介

『種の起原』はなぜ世に出たのか?ダーウィンよりも早く進化の自然選択説に到達した独学の博物学者がいた。その名はアルフレッド・ラッセル・ウォレス。熱帯の島から届いたウォレスの論文がダーウィンに進化論公表を決意させた…。

ダーウィンに消された男 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 状況証拠の話も悪くはないんだろうけど、進化論的にウォレスの業績とダーウィンの業績を明確に別けて論じて欲しいなあという印象。
    ウォレスに肩入れしすぎな感じを受けた。

  • 分類=進化論・ウォレス。97年9月(84年1月)。

全2件中 1 - 2件を表示

ダーウィンに消された男 (朝日選書)のその他の作品

ダーウィンに消された男の詳細を見る 単行本 ダーウィンに消された男 アーノルド・C.ブラックマン

アーノルド・C.ブラックマンの作品

ダーウィンに消された男 (朝日選書)はこんな本です

ダーウィンに消された男 (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする