衣服で読み直す日本史―男装と王権 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022597014

作品紹介・あらすじ

本書は、見ただけでわかる人間相互の標識、衣服から日本の歴史を読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第三章の、孝謙は冕冠を被ったか否かの考察が、なかなか興味深い。日本の衣服は元来ユニセックスであるという定義のもとに展開する、衣服の性差とそれにまつわる王権の関係について論を展開する。

  • 明治維新前まで日本は性別文化が発達しなかった国。
    平安期の男性は何故「女々しく」泣くことが許されたのか。
    女房の衣装に何故緋袴(ズボン)が利用されたのか。
    着物に男女差がないのは何故か。
    女性天皇が男装した経緯とは何か。
    本書は王権との関わりを踏まえ、日本男女の衣服から日本史を読み直す試みを行っている。

    歌舞伎の女形や日本が同性愛に寛容な面も中性的なものを美しいとする美意識が古来より続いているからなんだろうな。

  • 男装、異性装から歴史を読み解いていく書。
    物語や百人一首に描かれた画像、様々な点を取り上げており興味深い。

  • 変身→変心、衣服が人格を変える機能を持つ事。衣服は人間の肉体を離れては、衣服としての「機能」を果たし得ない。

    新たな形態の衣服に価値の転換を生じた過程、どのような価値観が生じたのか、社会がどう対応したのか? 

    日本古来のユニセックス的な美意識。衣服の性別未分化、古代、男女が同じ衣服を着用していた。 

    平安時代、男性の美意識・行動様式の理想像や価値観が女性のそれと極めて接近していた。 

    男女の美貌の類型が合致していた。 

    日本の服装の歴史は、究極的には、常に男装が女装に駆逐される形で展開してきた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

武田佐知子
1948年東京都生まれ。大阪大学名誉教授
専門は日本史学・服飾史・女性史。大阪外国語大学教授(1997年)、大阪大学理事・副学長(2007年)を経て現在、追手門学院大学地域創造学部教授。
おもな著書に『古代国家の形成と衣服制』(吉川弘文館1984年)、『信仰の王権 聖徳太子』(中公新書1993年)、『衣服で読み直す日本史』(朝日選書2000年)、『娘が語る母の昭和』(朝日選書2000年)、『太子信仰と天神信仰』(思文閣出版2010年)、『交錯する知』(思文閣出版2014)、『いにしえから架かる虹』(いりす・同時代社2014年)などがある。サントリー学芸賞(1985年)、濱田青陵賞(1995年)、紫綬褒章(2003年)を受賞。


「2016年 『礼服 天皇即位儀礼や元旦の儀の花の装い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田佐知子の作品

ツイートする