地球温暖化の政治学 (朝日選書)

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹内敬二
  • 朝日新聞社 (1998年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022597045

作品紹介

科学記者による迫真の報告と総括。そもそも地球はほんとうに温暖化しているのか?いつごろから誰が問題にしはじめたのか?なぜ、これだけの大テーマになったのか?京都会議の実情は。

地球温暖化の政治学 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し古い本だが地球温暖化交渉を取材し続けた記者の目線からみた国際交渉と温暖化解決の難しさを伝えた本。温暖化を議論する際に外せない科学的な根拠。その最前線を担うIPCCの役割。そして現代において温暖化解決のためには政治の視点を外すことができなくて国際交渉と温暖化問題の切っても切り離せない問題について考える1つのきっかけとなる良本だと思う。取材の現場で見えた各国の思惑にも注目して読んでいただきたい。

  • IPCCの作業は世界中の研究を網羅的に集めて精査し、それを整理し全体の流れや到達点を示すというものなので報告書は何千ページにもなる。
    IPCCは国家の利害を背負う代表で構成され、ピア・レビュー方式をとったことで、足かせをはめられ、最大公約数的な結論になって科学的には鋭さを失いが逆に一度コンセンサスをとると、どの国も簡単には無視できない政治的な強さを持つ。
    IPCCはかなりの力を持つようになってきている。
    IPCCは地球サミット以降、積極的に途上国の研究者の参加を促した。

全2件中 1 - 2件を表示

地球温暖化の政治学 (朝日選書)のその他の作品

地球温暖化の政治学 オンデマンド (ペーパーバック) 地球温暖化の政治学 竹内敬二

竹内敬二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地球温暖化の政治学 (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする