兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く (朝日選書)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤井忠俊
  • 朝日新聞社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022597656

作品紹介

彼らが本当に伝えたかったこと。民衆史から見た犠牲と慰霊。

兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 流石に世代間のギャップも出てきて、当時の時代の理解が必要となってきます。
    知識として入れておくと、他の文献を読む時、理解を深める一助にはなるかも。
    なぜ捕虜になることをそこまで嫌がったのか、とか。

  • [ 内容 ]
    彼らが本当に伝えたかったこと。
    民衆史から見た犠牲と慰霊。

    [ 目次 ]
    序章 兵の近代を問う―兵は何を受容したか
    第1章 兵の交信・きずな―手紙と遺書
    第2章 侵略の戦場―日中戦争の日記
    第3章 修羅の戦場―太平洋の体験記
    第4章 兵の墓標―死の祭祀と碑
    終章 軍隊秩序の史的考察―命令服従体系の成立と日本社会

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

藤井忠俊の作品

兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く (朝日選書)はこんな本です

兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする