羽生善治 挑戦する勇気 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022598172

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 羽生善治 著 「挑戦する勇気」、2002.12発行。この本は、2002年8月に開催された朝日ジュニア・サマースクールでの講話を加筆したものだそうです。羽生善治さんが棋士になるまでや知識を知恵に変える話などが語られています。プロに必要なのは「捨てる技術」だとも。最後に子供たちからの40のQ&Aがあって、羽生さんの本音が見えて、楽しいです。

  • いろいろ考えているんだなあ、と思う。
    ただ、自分から積極的にというよりは、背中を見せて語っているイメージ。

  • 羽生さんが02年頃に講演で述べたものを書籍化したものかなと。羽生さんの小学校時代どのように将棋と接してきたかに加え、いきなり難題に取り組まず簡単な物から、また、色々な物をこまめに接する事で集中力が持続するなどは、他のことにも代用できそう。将棋の起源や、質問に答えたりと、羽生さんを知るうえでは入門書として良いんじゃないかなと思う。

  • 先の将棋本を読んでいる中で、この本を知人に頂きました。将棋をさらに勉強する気になりました。

    あと、やっと『3月のライオン』の面白さを分かってきました。

  • 将棋を覚えて、奨励会入会までの様子。特別な訓練や、周りの強力なサポートがあったわけではない。将棋好きな少年が通るであろう道筋を多少は丹念に通ったというところなんだと感じる。両親はそっと見守るだけ。これがいいのかもしれない。後半の、質問コーナーでも、関連する親達からのそれに、周りがどうしようと子ども達がほんとうにやりたいことをやるだろうといった答え方をしていたしね。

  •  「3月のライオン」にハマり、学校の図書室で将棋の本について探したんですが、この本しかなかった。

     1時間もしないで読めた。小学生とか中学生向きだな。ただ、わかりやすい。

  • 小学生対象の講演を基にまとめられたもの。知らないで買ってしまいましたが、アリでした。これだけ配慮の行き届いた発言ができるのには敬服。

  • 将棋はわからないが棋士という人物像に興味ある人には羽生という人間がわかっていいかもね。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

羽生 善治(はぶ よしはる)
1970年生まれの将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、7つの永世資格を持ち、史上初の永世七冠に。さらに名誉NHK杯選手権者の資格を持つ。
多くの著作を記している。初の著書、『決断力』は一大ベストセラーになった。ほか、人工知能技術を使った将棋ソフト研究をたゆまず続けており、『人工知能の核心』といった書籍にも関わっている。

羽生善治の作品

ツイートする