地球が丸いってほんとうですか? 測地学者に50の質問 (朝日選書)

  • 朝日新聞社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022598523

作品紹介・あらすじ

「地球の大きさは、いったいどうやって測るのだろう?」「世界一高い山はエベレストではないの?」「月がだんだん地球から遠ざかっているってホント?」…私たちの棲む地球には、たくさんの不思議がある。大地はじっとしていて動かないように見えるけれど、じつは長い時間をかけて少しずつ変化している。ハワイが年に数センチ、日本に近づいている。一説によれば、地球が生まれたばかりのころ、赤道の重力はいまより5%小さく、1日の長さは6時間ほどだった。GPSのような宇宙からの観測技術は、地球について多くの新しい知見をもたらした。大地の姿を精密に調べる測地学。研究者たちが最新の研究成果を交え、地球の真実に迫る50のQ&A。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 測地学会関係者がとりまとめた書物。興味深い内容も含まれているが、理解しづらい説明も一部あり、可も不可もないといった印象。

全1件中 1 - 1件を表示

日本測地学会の作品

地球が丸いってほんとうですか? 測地学者に50の質問 (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする