勝負師 (朝日選書)

  • 朝日新聞社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022598578

作品紹介・あらすじ

棋界内外での幅広い活躍、無類の人気と多才ぶりを誇る東西「2人のクニオ」の初の対談録。勝負の世界の今昔、希代の棋士たちの盤外戦術から、互いの人生観、モテ方のコツまでを縦横無尽に語り合う。才能と努力・運の関係、「勝負に辛い」先輩棋士の思い出、ファンを魅了した各対局の裏話、「大器」の見分け方、60歳を越えてどう生きるか、将棋の普及と棋界の展望…独特のユーモアと「勝負師」としての素顔がのぞく、吟醸のエピソードが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 将棋への愛は共通。愛し方は異なる。ベテランならではの味わい深い対談。

    謙虚になれば不安や恐怖心がなくなる。
    運を呼び込むために必要なのが、謙虚さと笑い。

    内藤対谷川兄弟。兄が負けて弟が勝った。それを見た谷川父が兄を怒った。弟だけを奨励会に入れた。人間の運命は本人の知らないところで決まっている。

    内藤の優しさ。将棋ファンとの対局で、駒落ちであるのに本気を出してしまった。

    大山の番外戦術。対局中に、「女中さんにいくら包むの?」

    「天才とは、サービス精神である」黒沢明の映画、伊藤看寿の詰将棋。

    芹沢「プロとアマの差はどれくらいでしょうか?」「君の死にたい場所は将棋盤のどこだ。そこの場所で王様を詰ましてやる」

    米長道場「諸君らの若さと研究成果をぼくはもらう。その代り、豊富な実戦例と人生経験を提供する」

    内藤「羽生、谷川、森内、丸山・・・一回本気で、一生懸命戦ってみたいという思いが強い。そやからまだ引退できないんですよ。」

全1件中 1 - 1件を表示

内藤國雄の作品

ツイートする