「白い光」のイノベーション―ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード (朝日選書)

著者 : 宮原諄二
  • 朝日新聞社 (2005年12月発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022598905

作品紹介

初めて燃える炎を手に入れてから19世紀の半ばまで、人類は50万年もの長い長い間、炎の黄色い明かりに甘んじてきた。最初の「白い光」の光源である白熱ガス灯以来150年。白熱電球、白色蛍光灯、白色発光ダイオードはどれも、昼間の太陽の光と同じように夜の街や室内を明るく照らし、安価に大量生産されて暮らしを変えた。それだけではない。新しい産業と市場をつくりだし、他方これまで盛んだった産業を衰退させた。たとえば勃興期の石油産業は、ガス灯や電球によって明かりの燃料としてのニーズを失い、石炭産業に駆逐された。自動車の普及までの数十年、雌伏を余儀なくされる。小さな発明はどのようにして発明を超え、時代を変える「事件」となるのだろう。「イノベーション」を軸にたどる人と明かりの歴史。

「白い光」のイノベーション―ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3

  • 資料ID:80502589
    請求記号:545.02||M
    配置場所:工枚普通図書

  • 【資料ID】97899
    【分類】545.02/Mi73

  • 人類最初の白い光=ライムライト。ライム=石灰石CuCO3を強熱し放射面鏡で光を一点に集めた。
    炭素アーク灯。
    放電灯。蛍光灯、水銀灯、メタルハライドランプ、ナトリウムランプ。
    帆船効果。
    ラングミュアーは界面科学の基礎を作った人だが、電球の改良も

  • 技術的にもいい
    白い光の話を中心にいろいろ書いてあっておもしろい。

全5件中 1 - 5件を表示

宮原諄二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
宮部 みゆき
デール カーネギ...
冲方 丁
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする