宇宙飛行士は早く老ける?―重力と老化の意外な関係 (朝日選書)

制作 : 日本宇宙フォーラム  Joan Vernikos  白崎 修一 
  • 朝日新聞社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599056

作品紹介・あらすじ

過酷な訓練に耐えた宇宙飛行士が宇宙から戻ってくると、その肉体に年老いた人と同じような兆候がみられるのはなぜなのだろう。無重力状態で宇宙飛行士の肉体に起こる変化は、老化の症状とあまりにも似ている。立っていても座っていても、歩いたり走ったりしていても、私たちを地面に引きつけている重力は、私たちの骨や筋肉や身体の感覚をいつも刺激して、良い状態に保つ働きをしているらしい。だから重力の影響を受けない宇宙空間では、宇宙飛行士は一時的に老化してしまうのだ。家に閉じ篭もってごろごろして過ごす、ちょっとした移動も歩かずに車を使う…まるで重力の恩恵を避けているような生活は、歳をとって辛い症状に悩まされる原因!重力と身体の驚くべき関係を明らかにした、元NASAライフサインス部門責任者による、重力の力を借りて健やかな老いを迎えるための知恵。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498.44||V
    資料ID:50601179

  • この本を手に取った理由
    ①薬学生として「老化」に興味があったから
    ②大学の図書館の一角に「宇宙」コーナーが設けられていて、その中でも難しすぎず、幼稚過ぎない表装だったから
    ③『宇宙』というだけでそそられるものがあるから

    「重力と老化の関係」について様々な実験から多角的に分析されていて、勉強になった。(半分以上は大学で習う基本的な生理学・機能形態学・内分泌学などの程よい「復習」だった)

    この地球上で生活する以上、重力から逃れることはできないし、重力に逆らって脚を上げるのは年々きつくなるだろう。
    しかしその重力をうまく利用して生きることが、かっこいいじいちゃんになる秘訣のようだ。

  • [ 内容 ]
    過酷な訓練に耐えた宇宙飛行士が宇宙から戻ってくると、その肉体に年老いた人と同じような兆候がみられるのはなぜなのだろう。
    無重力状態で宇宙飛行士の肉体に起こる変化は、老化の症状とあまりにも似ている。
    立っていても座っていても、歩いたり走ったりしていても、私たちを地面に引きつけている重力は、私たちの骨や筋肉や身体の感覚をいつも刺激して、良い状態に保つ働きをしているらしい。
    だから重力の影響を受けない宇宙空間では、宇宙飛行士は一時的に老化してしまうのだ。
    家に閉じ篭もってごろごろして過ごす、ちょっとした移動も歩かずに車を使う…まるで重力の恩恵を避けているような生活は、歳をとって辛い症状に悩まされる原因!
    重力と身体の驚くべき関係を明らかにした、元NASAライフサインス部門責任者による、重力の力を借りて健やかな老いを迎えるための知恵。

    [ 目次 ]
    1 宇宙飛行士は本当に宇宙で歳をとるのでしょうか
    2 骨にかかる力
    3 筋力をつける
    4 感覚、バランス、そして調和
    5 なぜ、姿勢を変え続けることが大切なのでしょう
    6 体内時計と重力
    7 何を食べたらよいのでしょうか
    むすび―重力と寿命

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 宇宙の話かと思ったら、老化の話でした。ヒャア、今から運動しなきゃっと思わせる説得力でした。

全4件中 1 - 4件を表示

ジョーン・ヴァーニカスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙飛行士は早く老ける?―重力と老化の意外な関係 (朝日選書)はこんな本です

ツイートする