スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599162

作品紹介・あらすじ

第二次世界大戦のさなか、スターリン、ヒトラーを惹きつけてやまなかった、一つの構想があった-。ユーラシア大陸を束ねるこの壮大な四国連合構想とはなんだったのか。なぜ潰えてしまったのか。そしてそのとき、日本は…。1939年からの2年間は、20世紀の転換点ともいえる激動の時期である。ソ連への不信をつのらせ逡巡するヒトラー、外相モロトフに詳細な指令を与えるスターリン、翻弄される日本の政治家たち。思惑が絡み合い息詰まるような独ソの攻防と決裂の瞬間を、本邦初の史料を駆使して描く。豊富な資料に綿密な分析を加え、アジアの中のロシア、リーダーのいない日本、現代に通じる隠された世界外交の真実をダイナミックに浮かび上がらせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太平洋戦争開始前、アングロサクソン連合に対峙するため、日独伊に加え、ソビエト連邦との同盟を模索した時期があった。これは、ヒトラーの対ソ戦決意により崩壊したが、その過程を、ソビエト未公開資料とあわせ検証するもの。対英仏戦前の独ソ接近にも兆候はあり、さらには、ドイツの対ソ戦開始にも兆候があったことが本書から読み取れるが、これを見落とした関係者(特に後者は松岡外相当時)の責任は重大。このプロセスが丁寧に論じられる。ドイツに振り回された日本の外交・情報収集の失敗を知るのに有益な一書である。購入の方向で。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

三宅正樹(みやけ・まさき):明治大学名誉教授、文学博士(京都大学)。仙台市生まれ。1956年京都大学文学部史学科西洋史学専攻卒。1961年同博士課程単位修得。1983年に『昭和史の軍部と政治』の編集代表者として吉田茂賞受賞。日独伊三国同盟交渉に関する先駆的研究で知られる。

「2015年 『近代ユーラシア外交史論集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三宅正樹の作品

ツイートする