「過去の克服」と愛国心-歴史と向き合う (2)

  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599193

作品紹介・あらすじ

いま世界の各地で、自国の歴史をどう捉えるか、負の経験を未来にどう活かせばよいかが問われている。日本がかつてアジア各地に遺したものは、現地でどう記憶されているだろうか。はたして「真の和解」はあるのだろうか-。本書は、朝日新聞連載企画「歴史と向き合う」から第4部〜第6部を収録。「『帝国』の記憶」「真実と和解」「愛国心再考」をテーマに、過去と向き合い相互理解の道を模索しているヨーロッパや南北アメリカ、南アフリカも取材。内外識者へのインタビューを交えて、過去をどう乗り越えるかを考える。愛国心に関する世論調査結果、歴史と向き合うためのブックガイドを収録、貴重な戦時中の写真資料群「富士倉庫資料」を口絵で紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「歴史と向き合う」シリーズの二巻目。
    一巻目と同様、太平洋戦争に対して、日本に残る問題点を示した本。

    本書のテーマは主に三点。

    「大東亜共栄圏」- 写真が語る戦争
    「各国間の和解」
    「愛国心」

    最後に総括として、これらのテーマをふまえたうえでの今後の指針を示した章があります。

    自分はドイツは戦争を総括でき、国民に浸透できているものと漠然と思っていたのですが、いまだポーランドとの軋轢が残っているらしくちょっと衝撃でした。
    何の疑問もなく「ドイツが悪」などと思っていたけれど、人と人が敵対する状況において単純に思い込むことは危険。
    日本のことでもそうですが、「加害者」「被害者」という大枠を決めつけるでなく、国の姿勢と個人の感情は分けて考えるべきなのかと。

    最後にこの本が示した「歴史と向き合い、未来を切り開くために」「必要」なまとめは常に意識しておくべきことだと思いました。

    1. 他者と対話を重ね史実を検証すること
    2. 安易な善悪二元論に陥らないこと
    3. 共存・共栄の価値を目指すこと

    自国、他国、人を理解することと、と目指すべき価値を見いだす姿勢だと認識しました。

  • 日本と韓国、そしてドイツとポーランドの不幸な関係の歴史にまで深く追求している重い本です。フランスと植民地の関係、チリ・ピノチェト政権の犯罪(チリ自身がそれを裁くことが出来なかったという過去!)など、いずれも重い課題を背負わざるを得ない国々の「過去の克服」。そして加害者であるよりはむしろ被害者だったとのナショナリズムの勃興。いずれの国も同じような経過を辿っており、歴史の国際共同研究の必要性を訴える理由が良く分かります。朝日新聞の愛国心に関する世論調査で愛国心が大いにあると答えた人ほど、アジアへの戦争責任を反省しているという結果を紹介しています。これなどは心強い数値であり、もっと強調されても良いものだと思います。最後に紹介している「歴史と向き合うための88冊」は極めて充実したブックガイドでした。

  • [ 内容 ]
    いま世界の各地で、自国の歴史をどう捉えるか、負の経験を未来にどう活かせばよいかが問われている。
    日本がかつてアジア各地に遺したものは、現地でどう記憶されているだろうか。
    はたして「真の和解」はあるのだろうか―。
    本書は、朝日新聞連載企画「歴史と向き合う」から第4部~第6部を収録。
    「『帝国』の記憶」「真実と和解」「愛国心再考」をテーマに、過去と向き合い相互理解の道を模索しているヨーロッパや南北アメリカ、南アフリカも取材。
    内外識者へのインタビューを交えて、過去をどう乗り越えるかを考える。
    愛国心に関する世論調査結果、歴史と向き合うためのブックガイドを収録、貴重な戦時中の写真資料群「富士倉庫資料」を口絵で紹介する。

    [ 目次 ]
    第4部 「帝国」の記憶
    もう一つの歴史 写真で語る戦争
    第5部 真実と和解
    インタビュー 過去の克服
    第6部 愛国心再考
    エピローグ 未来への記憶

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2007.8

全4件中 1 - 4件を表示

朝日新聞取材班の作品

「過去の克服」と愛国心-歴史と向き合う (2)を本棚に登録しているひと

ツイートする