峠の歴史学 古道をたずねて (朝日選書 (830))

著者 :
  • 朝日新聞社
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599308

作品紹介・あらすじ

生産地と消費地を結ぶ生活のための「流通の道」。軍事拠点と前線を結ぶ「軍事の道」。そして神仏に救いを求めて歩む「信仰の道」。三つの性格の異なる古代から近代までの歴史的な峠道を歩きながら、道と峠を行き交う人々、峠を守ってきた人々の暮らしを考え、道を辿る人々の心性に想いを馳せてみる。なぜ、古道は山の尾根を通るのか?牛馬の視点から見る道とは?「あるき、み、きく」歴史学を実践し、ライフワークとしている著者を先達に、歴史を再検討し、読み直してみよう。古道を歩くことによって、古(いにしえ)の面影を実感し、歴史を追体験する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマ史

  • [ 内容 ]
    生産地と消費地を結ぶ生活のための「流通の道」。
    軍事拠点と前線を結ぶ「軍事の道」。
    そして神仏に救いを求めて歩む「信仰の道」。
    三つの性格の異なる古代から近代までの歴史的な峠道を歩きながら、道と峠を行き交う人々、峠を守ってきた人々の暮らしを考え、道を辿る人々の心性に想いを馳せてみる。
    なぜ、古道は山の尾根を通るのか?
    牛馬の視点から見る道とは?
    「あるき、み、きく」歴史学を実践し、ライフワークとしている著者を先達に、歴史を再検討し、読み直してみよう。
    古道を歩くことによって、古の面影を実感し、歴史を追体験する。

    [ 目次 ]
    1 流通の道(中山道―峠の背景)
    2 軍事の道(鎌倉街道―すべての道は鎌倉に通ず;二つのザラ峠―佐々成政はどこを越えたのか;相良氏のアゼチ(庵室)道―戦国の山岳軍用道路から西南戦争へ)
    3 信仰の道(いまひとすじの熊野道―小栗街道聞書;四国遍路道と地名「旦過」;国東半島・六郷満山峰入りの道―修験者の山道;修験の山―伊吹山とその歴史)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

服部英雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
アマルティア セ...
エラ・フランシス...
P・W・シンガー
有効な右矢印 無効な右矢印

峠の歴史学 古道をたずねて (朝日選書 (830))はこんな本です

峠の歴史学 古道をたずねて (朝日選書 (830))を本棚に登録しているひと

ツイートする