液晶の歴史 (朝日選書)

制作 : 鳥山和久 
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (604ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599827

作品紹介・あらすじ

ディスプレイ素材として日本産業界の花形になった液晶は、百年以上前にプラハでニンジンの抽出液から偶然に見つかった。以後、この謎の物質をめぐっては、その本質についてのさまざまな理論が生まれ、誰が発見者かをめぐって争いがあり、ヨーロッパの国家対立を背景にした液晶学者たちの応酬があった。二つの大戦と冷戦のはざまに消えていった開拓者たちもいた。戦後になると世界を舞台に国家威信をかけた実用化への競争が始まったが、最後に勝利したのは先発のヨーロッパでも後発のアメリカでもなく、戦後まで液晶とは無縁だった日本の企業技術者たちだった…。テレビ、パソコン、携帯電話など今日、誰もがなじみの液晶をめぐる、誰も知らないドラマにみちた歴史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマ史

  • 液晶とは何か
    流れる液晶ー事実か虚構か
    液晶、それはどこからきたのか?
    フランスの栄光
    幻の会議と実現した会議
    生命の糸
    戦争の嵐
    ルネサンス
    ありえない話
    西の世界で夜が明ける
    東の世界に日が昇る
    液晶物質の新世界
    科学と歴史 二つの文化
    日本における液晶技術の開発

  • 「液晶は生きものの中で見つかる。動物や植物は細胞からなるが、その細胞が機能するのは、細胞が液晶膜で囲まれているからだ」(『液晶の歴史』P.5) 知らなかったー。人工的なものと思い込んでいた。

  • 【新刊情報】液晶の歴史 http://booklog.jp/asin/4022599820 428.3/ダ 19世紀末にニンジンから見つかった不思議な新物質が、ディスプレイ素材として日本の主力産業になるまでの数奇な道のり。戦争と国際政治に翻弄されながら、研究・開発を進めた科学者・技術者たちを描く

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする