諷刺画で読む十八世紀イギリス ホガースとその時代 (朝日選書)

  • 朝日新聞出版
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599841

作品紹介・あらすじ

それまで貴族のものとされていた絵画が、中産階級の手にもわたるようになった18世紀イギリス。のちに「イギリス絵画の父」と呼ばれるウィリアム・ホガース(1697‐1764)は、当時の貴族階級や政治家を諷刺し、中産階級の道徳観を訴える絵画や版画を数多く制作した。その作品には、娼婦に身を落とした女の姿や悪人の無残な末路など、18世紀イギリス、そして大都会ロンドンの社会風俗が生き生きと描き出されている。本書は"南海泡沫事件""ジン横丁""残酷の四段階""娼婦一代記""放蕩息子一代記"など代表的な作品を読み解きながら、18世紀イギリス社会を紹介した、網羅的かつ本格的な新しいホガース論である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 18世紀イギリスの諷刺画家ホガースの評伝。ホガースの人物像、代表的な作品を時代背景と共に学べます。ホガース自身、作品ももちろん面白いのですが、この本の文自体が、ホガースっぽいです。分かりやすくて諷刺が効いていて、毒があって、でも奥底に知性ろ優しさが感じられる、ホガースの絵と共にこの本はそんな文章で出来上がっています。

  • 早く読みたいです。

  • ホガースと18世紀イギリス。

  • とにかく翻訳が最低最悪。アマゾンにレポったので読んで下さい。

  • 夏休みに読みました。

    思ったより分かりにくかった。
    図版も見づらかったし。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

英文学者、英国文化研究家、上智大学教授。東京都生まれ。上智大学大学院文学研究科中退、1975年同志社女子大学助手、1979年専任講師、1982年助教授、1985年ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞、1988年教授、1995年上智大教授。1999年「憂鬱な詩人-アレグザンダー・ポープの政治諷刺」で上智大文学博士。『女王、エリザベスの治世』、『諷刺画で読む十八世紀イギリス ホガースとその時代』、ジョン・クリーランド『ファニー・ヒル 快楽の女の回想』(翻訳)など、著書、翻訳多数。

「2013年 『第6巻 エロティカ・アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林章夫の作品

ツイートする