諷刺画で読む十八世紀イギリス ホガースとその時代 (朝日選書)

  • 朝日新聞出版
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 48
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022599841

作品紹介・あらすじ

それまで貴族のものとされていた絵画が、中産階級の手にもわたるようになった18世紀イギリス。のちに「イギリス絵画の父」と呼ばれるウィリアム・ホガース(1697‐1764)は、当時の貴族階級や政治家を諷刺し、中産階級の道徳観を訴える絵画や版画を数多く制作した。その作品には、娼婦に身を落とした女の姿や悪人の無残な末路など、18世紀イギリス、そして大都会ロンドンの社会風俗が生き生きと描き出されている。本書は"南海泡沫事件""ジン横丁""残酷の四段階""娼婦一代記""放蕩息子一代記"など代表的な作品を読み解きながら、18世紀イギリス社会を紹介した、網羅的かつ本格的な新しいホガース論である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 18世紀のイギリスを、ホガースの生涯と彼の描いた諷刺画を
    読み解きながら、その当時の歴史や政治、人々の生活等を探る。
    序章 絵が語る時代の姿  
    第一章 十八世紀のイギリスに生まれて
    第二章 歴史と伝統を継ぐ者  第三章 腐敗政治と混乱する選挙
    第四章 来世への信仰と現実の楽しみ?  第五章 大都会の実像
    第六章 男と女の性と堕落  第七章 ささやかな日常の美を描く
    終章 ホガースの子孫たち
    カラー口絵8ページ。文中にモノクロ画像。
    ホガース年表、参考文献有り。
    諷刺画家ホガースの生涯と作品を絡め、18世紀イギリスの姿を探る。
    ひと昔は王政復古とスチュワート王朝。ハノーヴァー王朝へ。
    政治はホイッグ党とトーリー党の対立と腐敗政治。
    上流階級に台頭著しい中流階級。底辺の貧困層。
    そんな当時の世相、風俗、宗教が絡む対立、残酷な愉しみを
    ホガースの諷刺画の画面から探り、語っています。
    当時のイギリスの内情については詳細で、興味深いものがあります。
    また、ホガースが諷刺画家として名を残した道筋がわかります。
    その努力と商才、人道や美術の業績。人への視線も鋭い。
    著作権法の元になったホガース法制定に奮闘したことも。
    しかし、ホガース関連になると、著者の思い入れが強くて、
    熱い推測が多過ぎる感じがします。
    また、本文中のモノクロ画像が小さく、文章とリンクしても、
    細部が見えないのが難点。
    蔵書から『ホガースの銅版画』森洋子/編著を
    引っ張り出して、細部を確認する羽目になりました。

  • 18世紀のロンドンの状況であるけれど、音楽以外の英国文化が盛り上がらない訳がない。絵画史的にはそれまで英国が多くを学ぶ対象だったイタリアから、1746年に画家カナレットがロンドンに来て、その後9年間にロンドンで絵を描きまくっている。もう一人、英国絵画史の立役者、1697年生まれのホガースが活躍し、英国絵画史が始まるともいえるのが、この時代でもある。ちなみに英国画家ターナーは1775年生まれ。

    ウィリアム・ホガース(William Hogarth)はロンドンで活躍した英国画家で、風刺を交えて精緻に描かれる版画や絵画は当時の英国の姿をInstagramで切り取ったように活写する。

    例えば、英国はスペインを追い落とす一方、 1720年に国内では無茶な投機証券が横行し、そのバブルがはじけてして中産階級が経済的に大きな痛手を被る。この「南海泡沫事件」を風刺画でホガースは生き生きと描写し、彼自身の評価を高めるきっかけになった。
    その絵を見てみると、中央の回転木馬に跨がることを奨励する煽り文句の下、木馬には南海事件の渦中にある様々な位の人物が跨がっている。そして、木馬の下は我も我もの大騒ぎの状況。左手奥には投機に勝った者と結婚する富くじが開催されており女性が並ぶ。手前左では女神が悪魔に切り裂かれ、その肉が大衆に投げ与えられている。けたたましくも、儚い状況が1枚の絵に見事に納められている。

    詳細はコチラ↓
    BBCプロムス最終夜は英国万歳のプログラム / 『諷刺画で読む十八世紀イギリス ホガースとその時代』 を読む
    https://jtaniguchi.com/bbc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a0%e3%82%b9%e6%9c%80%e7%b5%82%e5%a4%9c-%e8%ab%b7%e5%88%ba%e7%94%bb%e3%81%a7%e8%aa%ad%e3%82%80%e5%8d%81%e5%85%ab%e4%b8%96%e7%b4%80%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9/

  • 18世紀イギリスの諷刺画家ホガースの評伝。ホガースの人物像、代表的な作品を時代背景と共に学べます。ホガース自身、作品ももちろん面白いのですが、この本の文自体が、ホガースっぽいです。分かりやすくて諷刺が効いていて、毒があって、でも奥底に知性ろ優しさが感じられる、ホガースの絵と共にこの本はそんな文章で出来上がっています。

  • 早く読みたいです。

  • とにかく翻訳が最低最悪。アマゾンにレポったので読んで下さい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1949-2021年。東京生まれ。上智大学大学院文学研究科修了ののち,同志社女子大学教授を経て,上智大学文学部教授。専攻はイギリス文学,文化。主な著書に『イギリス王室物語』『イギリス名宰相物語』(ともに講談社現代新書),『コーヒー・ハウス』『イギリス紳士のユーモア』(講談社学術文庫)などがある。

「2022年 『イギリス貴族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林章夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×