続氷点 下 (朝日文庫 み 1-4)

著者 :
  • 朝日新聞社出版局
3.84
  • (8)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022601544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔ドラマを見た

  • ☆☆☆ 星3つ

    キリスト教の「原罪」にまるわる説教話が半分。小説的エンタテイメント部分が半分。当然後者はおもしろく、前者部分は眠くなってしまい腹まで立ってくる。

    ああしかし思えば、遠藤周作の『沈黙』も似たようなものか。あれは名作だものなぁ。でも『沈黙』はキリスト教徒の弾圧そのものを題材にして正面から書いているのに、この『続氷点』はキリスト教の教えについて書きたいのだけれど娯楽小説という隠れ蓑を使ってコソコソと書いているように思われて仕方ない。
    ま、この名作続編についてなにもこんなに俺ごときが書き立てる必要は無いか。

    ありきたりではあるが、とりあえづは言い得て妙に映る作中の有名な言葉を。

    「一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである」

    そうである。物質第一主義に走った人類文明の行き着く先はみえている。物は捨てよ!

    すまぬ。りょうけん蔵(^_^;)

  • テーマは「罪と赦し」?
    甘酸っぱい青春小説のようにも読めました。
    終盤の流氷の描写は圧巻でした。

  • 私が三浦綾子さんの小説に出逢ったのは、中学生の頃。
    幼いながらに衝撃を受けて、
    「三浦さんの本は一生読んでいこう。何度でも読もう。」と
    心に決めたことを覚えている。
    あれから何冊、何度読んできただろう。
    読む度に気付きがあり、考えさせられる。

    私が自分の生き方を考える大きな土台になってくれたのは、
    三浦綾子さんと灰谷健次郎さんの本だと思う。 
    出逢えて良かったと、心から想う。
    特に中学生時代にこのお二人の本に出逢えたことは本当に幸せなこと。

    三浦綾子さんの本と出逢って、
    自分の生き方・生きる意味を考えた。
    灰谷健次郎さんの本と出逢って、
    「子ども達の生命に添って」歩むことを考えた。
     
    今回は実は「氷点」を読み返そうと思ったのだけれど
    「氷点」が見当たらなかったので「続 氷点」を先に読み返すことにした。 
     
    陽子のまっすぐな考え方をみていると、
    懐かしいようで、眩しいようで、苦しいようで、ほっとするようで……。
    はからずも、今の私と陽子とは同い年である。
     
    自分で自分を律する陽子の姿勢に頭が下がる。
    しかし、その下げた頭を何もせずにまた上げようとする自分に気づく。
    それではまた同じことの繰り返し。
    自分は、何をするのか。何ができるのか。

    本当の「正しさ」とは何か。
    そもそも、そんなものが存在するのか。
    罪の無い人など、存在しないのではないか。
     
    作品全体を通して根底に流れる、「原罪」と
    「果たして、人間が人間を裁くことはできるのか」という問いかけを感じ取り
    自分自身を振り返ることになった。

    「氷点」の上下巻も絶対に再読したい。


    (2010.05)

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    (メモ:中等部3年のときに読了。
     その後、購入し、何度も読みました。)

  • 血のつながった弟の存在に、揺れ動く陽子にすこしイライラ、ドキドキしました。最後は、悲しい選択で結末を迎えてしまったように思えて、それでいいのか??と…。とりあえず、北海道ネタに浸れる三浦作品、結構好きです。2008.7.3読了

  • 我バイブル?。
    続きが読みたくて、真夜中に近所の本屋に自転車で買いに行ったのが懐かしいです。。。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

三浦 綾子(みうら あやこ)
1922年4月25日 - 1999年10月12日
北海道旭川市出身。終戦まで小学校教員を努めたが、国家と教育に対する懐疑から退職。1961年『主婦の友』募集の第1回「婦人の書いた実話」に『太陽は再び没せず』を投稿し入選。
1963年朝日新聞社による投稿した小説『氷点』が入選し、朝日新聞に同作を連載開始。1965年、同作で単行本デビュー。刊行直後にベストセラーとなり、映画化・ラジオドラマ化される代表作となる。ほか、映画化された『塩狩峠』が著名。様々な病苦と闘いながら、キリスト者として執筆を続けた。

続氷点 下 (朝日文庫 み 1-4)のその他の作品

続氷点 (下) (角川文庫) 文庫 続氷点 (下) (角川文庫) 三浦綾子
続氷点(下) (角川文庫) 文庫 続氷点(下) (角川文庫) 三浦綾子
続 氷点(下) (角川文庫) Kindle版 続 氷点(下) (角川文庫) 三浦綾子

三浦綾子の作品

ツイートする