街道をゆく (7) (朝日文芸文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞社 (1979年1月1日発売)
3.47
  • (5)
  • (12)
  • (18)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :122
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022601773

街道をゆく (7) (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3.5。
    いやいや、鉄を材料にした特に古代の妄想が凄い。これが才人の発想なんですなぁ。そして古代の世界の狭さに改めて驚き。寧ろ今の方が心理的に距離がある気さえします。

  • 1979年刊(週刊朝日初出1973~74年)。
    週刊誌連載の紀行文・歴史エッセイの第7巻。
    ①伊賀・甲賀、②飛鳥、③淡路島、④中国山地を叙述する

     その中でも、製鉄関連の④が断然面白い。勿論、現在では古い議論の可能性はあるが、半島に比し、列島は温暖湿潤な気候に由来する森林資源の富裕さのため、それが枯渇せず、たたら製鉄を長期にわたり維持し得た。
     これが列島全体の鉄器の広範な普及を進め、これに由来する農業生産力向上が商品経済のレベルを上げた。
     この違いが顕著に表れたのが中世~近世(ひいては近代)である、というのが印象に残る。そういう意味で、鉄の列島史、鉄の半島史、鉄の大陸史に注意喚起してくれた一書だ。

  • 2012.11.29 読了

  • 島根に旅行に行くのに「砂鉄のみち」の部分を途中まで読んだ。弥生時代に入る頃、島根(安来)は鉄の製造が可能な地域として、豪族が力を持っていたであろうと推測される場所。豊富な森林を持つ日本で、鉄の製造が日本で貧富の差を生み出したという説明は腹落ちした。司馬史観、ちょっとずつ吸収していこう。

  •  国家とは宗教団体と同じ神秘性と呪術性をもっている。宗教団体は近代、それらを薄味にしているが国家は逆に濃くしている(参照P100~) また、国家の成立ちに稲作は欠くことはできないし、更に農耕を効率よくするための鉄器伝来は重要な意味をもつ。

  • 14/7/7読了

  • 鉄の話は勉強になった。

    やはり、地理、気候が歴史への影響が多いということがわかる一冊。

  • 明石は漁師の街であることをあらためて知った。瀬戸内の良い漁場を持ち、一匹狼の漁師達。今でもその面影はあるのだろうか。
    魚の棚は、そこそこ賑わっているから、多少は残っているのかもしれない。

  • 出雲の砂鉄文化と神話に絡みに興味があったので
    読んだけど、淡路の話の方がおもろかった。。

    漁師の話とか明石のたこの話とか。

  • 「高取城」へ行く際の参考文献。あわせて「おお、大砲」も読む。旅の気分がもりあがった。

全13件中 1 - 10件を表示

街道をゆく (7) (朝日文芸文庫)のその他の作品

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

街道をゆく (7) (朝日文芸文庫)はこんな本です

街道をゆく (7) (朝日文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする