ごく普通の在日韓国人 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022606020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 091210 -080425by朝日 1987年原著
    ---
    「どんなに意味を抜こうとしても、変に意味が込められてしまう『在日韓国人』よりも、『日本語人』というほうが身も心も軽くなるような気がする」と、在日韓国人3世の著者は言う。日本で生まれ育ち、日本人と結婚、娘をもうけた彼女は、さまざまな障害をどのように乗りこえてきたのか。在日韓国人の悩みと喜びを率直に描きながら、「国籍」「民族」の意味を鋭く問いかけ深く考えさせる書。
    ----
    第1章 日本人との結婚
    第2章 「姜信子」までの遠い道
    第3章 わからない「民族」
    第4章 在日韓国人社会と日本人社会のはざまで
    第5章 在日韓国人家庭をとりまく現実
    第6章 次代に私が伝えられること

  • 民族だ!差別反対!と息巻いた本ではなく、タイトルどおり「ごく普通の在日韓国人」(昭和30年代生まれの在日韓国人3世)の考えや悩み、日常、先祖のことなど。同じ在日韓国人として共感でき、すんなりと読める一冊。

  •  なるほど、ごく普通の在日韓国人だ。民族感情丸出しでなく。激しく凶弾するでもなく。<br>やはり、差別という点で、女性問題とつながるところはある。対応の仕方など、これからの生き方等、学べた。<Br><Br>ただ、古い本なので、ちょっと今は変わってるけど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1961年横浜市生まれ. 作家. 85年, 東京大学法学部卒業. 86年に「ごく普通の在日韓国人」でノンフィクション朝日ジャーナル賞受賞. 著書に, 『ごく普通の在日韓国人』(朝日新聞社), 『ナミイ! 八重山のおばあの歌物語』『イリオモテ』(岩波書店), 『棄郷ノート』(作品社, 熊本日日新聞文学賞受賞), 『追放の高麗人』(石風社, 地方出版文化功労賞受賞), 『はじまれ 犀の角問わず語り』(サウダージ・ブックス+港の人), 『生きとし生ける空白の物語』(港の人), 『声 千年先に届くほどに』『妄犬日記』(ぷねうま舎), 『はじまりはじまりはじまり』(羽鳥書店)などがある.

「2018年 『現代説経集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ごく普通の在日韓国人 (朝日文庫)のその他の作品

姜信子の作品

ツイートする