常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑 (朝日文庫)

著者 : 小池喜孝
  • 朝日新聞社 (1991年2月発売)
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022606327

常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治末期から戦後GHQによって廃止されるまで、北海道の鉄道を中心とした土木工事において公然と行われていた、「タコ部屋労働」と呼ばれる過酷な労働者の歴史を紐解いた本。 如何にして労働者を拉致し、北海道に連行し、監禁、強制労働、そして虐待が行われていったかを、労働者、使用者双方の証言から掘り起こした、北海道開発の裏にある民衆史を語る本。

全1件中 1 - 1件を表示

常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑 (朝日文庫)のその他の作品

小池喜孝の作品

常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑 (朝日文庫)はこんな本です

常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする