「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.56
  • (7)
  • (7)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022606334

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュタイナー、エンデそれぞれの著作の理解が深まるように思うけれど、シュタイナーに馴染みがない場合、多少戸惑うかもしれない。そのアウトラインを知ることができるような気もする。シュタイナーから入ったので割合有意義に読むことができた。

  •  有名な「モモ」のお話を、シュタイナーの世界観で見つめ直すという試みです。何気ない台詞の一つ一つに、深い意味があったことが紐解かれます。こうしたバックボーンを理解して読むのが好きな人と、知らずに読むのが好きな人と、様々意見はあるかもしれませんが、個人的には、私は知りたい方です。

     さっそく、「モモ」を読み直そうと思っています。

  • シュタイナーの本は難しくって...というひと。

    ファンタジー文学の「モモ」には
    何か社会的な、いや哲学的なものがある...と感じられるひと。

    子安さんが分かりやすくお話しして下さいます。
    メチャ☆オススメ☆イチオシです!

  • 昔読んだ本

  • 途中からくどくどしくおもえてしまった 笑
    モモ読んで、それぞれの感じ方をもってればいいやっておもった。
    シュタイナー教育についての本を読んでみよっかな。。うむ。

  • 卒論!

  • 50p。少し汚れあり

  • ファンタジーからモモ、そしてシュタイナーに続きます

全10件中 1 - 10件を表示

「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として (朝日文庫)のその他の作品

子安美知子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として (朝日文庫)はこんな本です

「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする