君はエントロピーを見たか?―地球生命の経済学 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022606440

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エントロピーは、ルドルフ・クラウジウスが1865年に打ち出した。熱量を絶対温度で割ったもので、単位はcal/K。

    空気より比重が小さい水蒸気が上昇して低温の大気にふれると、断熱膨張と断熱冷却を起こす。これによって、地表が太陽光から吸収した熱を長波長輻射の形で地球外に放出している。大気圏外へ熱を捨てた水蒸気は、氷の細かい粒子が集まって雲になり、やがて雨や雪になる。

    農業活動にはエントロピーを更新する仕組みがあるが、工業活動にはそれがない。

  • タイトルは何かのパロディだろうか? エントロピーの増大は、科学的な難しい概念で理解しがたいが、身近な問題でもあるということがわかった。もう少し噛み砕いて説明してくれると読みやすいと思う。

  • これから読む本

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

同志社大学経済学部教授、経済学者、エコロジスト。『グローバル時代のローカル・コモンズ』(編著、ミネルヴァ書房、2009年)、『入会林野とコモンズ』(共著、日本評論社、2004年)など著書多数。

「2014年 『現代総有論序説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

室田武の作品

君はエントロピーを見たか?―地球生命の経済学 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする