印度放浪 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞
3.64
  • (42)
  • (43)
  • (80)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 454
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022607744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真家にして作家の藤原新也(1944年~)が、23歳(1968年)のときに初めてインドを訪れ、その後3年に亘る複数回の“インド放浪”を綴ったデビュー作で、インドを旅するバッグパッカーのバイブルとも云われる作品である。1972年に発表され、本書は1993年に朝日文庫で復刊されたもの。(現在は再度絶版となっているようである)
    私は、藤原氏の死生観を映した作品が好きで、代表作『メメント・モリ』、『東京漂流』、『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』、『たとえ明日世界が滅びようとも』なども読んでいるが、本書の、(背伸びをしつつも)瑞々しく鋭い感性と、詩を読んでいるかのような表現力は、まさに藤原氏の原点を見るような気がするのである。
    「<旅>は無言のバイブルであった。<自然>は道徳であった。<沈黙>はぼくをとらえた。そして沈黙より出た<言葉>はぼくをとらえた。悪くも良くも、すべては良かった。ぼくはすべてを観察した。そして我が身にそれを<写実>してみた。」
    「インドは、命の在り場所の見えるところである。自然の中のそれぞれの命が、独自の強い個性を持って自己を主張している。三月中旬からとつぜんのごとく燃えだす苛烈な夏の太陽は、私たちの頭上にどうしようもなく巨大な熱球が存在することをいつも忘れさせない。この熱球の放つ熱と光の主張に焼かれた地上の一切は、あたかもその熱球の分子であるがごとく、生命の熱みを孕み、それを放射する。栴檀の木は強烈な匂いを発し、マンゴーの熟れた実は性的な甘い香りで私たちの体を包む。人民の喜怒哀楽は、熱の分子を付着させたまま自然の熱と香の間を陽性に飛び交い、時折彼らはその熱をさますために聖なる河に身を浸す。河のほとりでは、いくつかの炎が上がっており、そこには熱を放射し終え、死を迎えた人の屍が、燃えている。炎の囲りを徘徊する犬、豚、鶏、はげたか。・・・この国においては、熱が法にとってかわっているのだ。それが宗教というものだろう。」
    「旅とは?」、「インドとは?」について語った、これほど象徴的かつ魅力的な文章は多くはないだろう。
    私は公私併せてこれまで40ほどの国を訪れながら、インドには行く機会がなかった。藤原氏の旅から半世紀が経ち、本書に出てくるタール砂漠の村に住む人々も今では携帯電話やインターネットを使っているのかも知れない。しかし、やはりインドには行かねばならない。生と死が共存する土地インドを知らずに死生観を確立することはできない。そう強く思わされる一冊であった。
    (2018年2月了)

  • 「読書力」おすすめリスト
    12.生き方の美学・スタイル
    …生き方の美学は一種の倫理でもある
    →ひとりになることのよさを教えてくれる

  • 文章が緻密なんだけどいやに感覚的すぎる。
    こうゆう文章表現は芸術肌の人に多い気が。
    写実主義。きれい

  • 藤原新也 印度放浪

    写真がいい
    *幸せそうな写真が少ない=ドキュメンタリー
    *この時代のインドの無秩序さを 感じる写真
    *ガンジス河と死の風景は 生命を感じる
    *覚悟のない奴はインドに来るな と言わんばかりの写真

  • 2016年12月25日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「部活」。

  • 読みたいなあと買っておいた東京漂流と印度放浪だがなかなか手に出来ないでいた。今回やっと手に取りやはり書かれた順番通り印度放浪から読んでみた。藤原新也さんが20代前半に二度印度を放浪したときの手記なのだが、想像していた通りあの電波少年の旅どころではない、ある意味無謀とも思える無頼ぶりが素晴らしい。自分探しの一つの方法であったのかもしれないが印度の奥地にまで足を伸ばしてほぼ無銭旅行のような形でカメラだけを抱えてほっつき歩いた青年のタフさに読むだれもが驚かせられるだろう。下手すると死んでいたかもしれないくらいの経験の数々に随分と古い著作にもかかわらず新鮮な驚きを覚えた。その無謀な旅のなかでただただ人々を観察しつづけ、時には川を流れる既にこの世にはいない流れて行く人を眺め、また大きな風景の中のちっぽけな自分を観察し続けて浮かんでくる言葉を心に刻み、言葉にできないときはフィルムにその思いを焼き付けた。そして平和ぼけの状態にすでにあった40年ほど前の日本にもどり写真をまとめ言葉を書き留めてこの作品を生み出したのは、彼なりの考えない日本の人々への挑戦だったのだろう。東京漂流を読むのが楽しみだ。

  • 鋭い観察力、深い考察力、豊かな表現力

    これらを駆使して、筆者自身のインド旅行を綴った旅行記です。あとがきにも書いてありましたが、色々なものが管理され整理された日本と対比する場所として、「綺麗なもの」や「汚いもの」、「生きること」や「死ぬこと」が織り交ざったインドを描いたのだと思います。
    こういった視点で、日本と他の国を対比する考え方は、特に目新しいものではないと思うのですが、もしかすると、最初にやったのは藤原さんなのでしょうか。

    本書を読み始めた頃は「おお、ようこんな文章書けるわ~!」と思っていたのですが、読み進めているうちに筆者が自分に酔っているのが伝わってきて、最後の方はポエム調の文章を「もうええって!」と思いながら読んでいました。あくまで個人的な感想ですが、400ページ近くの文章を、あの文体で読むのは、少しきつかったです。

    出版された当時に読んでたら、もっとインパクトの強い本だったのかもしれません。

  • インドに、また行きたくなった。
    情報を遮断して、ありのままのインドを感じるために。

  • 出会う人々は、悲しいまでに愚劣であった。悲惨であった。滑稽であった。軽快であった。はなやかであった。高貴であった。出会う人々は、荒々しかった。

    インドの持つ独特の熱がまた蘇ってきた。

  • インドに行きたくなる一冊。

全40件中 1 - 10件を表示

藤原新也の作品

印度放浪 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする