子供たちの復讐 (朝日文庫)

制作 : 本多 勝一 
  • 朝日新聞社 (1989年5月発売)
3.07
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 52人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (661ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022608208

子供たちの復讐 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  二つの殺人事件を追ったルポ。いずれも被害者は家族で、犯人は高校生。しかも超がつくほど優秀な高校生だ。校内暴力という言葉がメディアに出るようになったのもこの頃だ(1979年)。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090114/p3" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090114/p3</a>

  • 今では珍しくもなくなった(!)家庭内暴力や子供殺しを30年前に取り上げたルポ。幸か不幸かあまり古くなってない。
    不思議なのは、割と最近の著者が某対談で開成高校が男子校であることにびっくりしてみせて、それじゃあ人格形成に悪影響があるとか言っていること。開成が男子校なんてこと常識だし、ここで調べたことを忘れてしまったのだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
東野 圭吾
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする