いじわるばあさん (1) (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.83
  • (16)
  • (8)
  • (21)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022609960

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たまに切ない話があって、それで泣きそうになるのは私だけでしょうか?

  • 急に読みたくなって。
    昭和を感じる。
    ギャグのセンスがまさにドリフターズ。
    面白いものもあれば、ちょっとモヤモヤするものも。

  • 青島氏のドラマでしか記憶になかったので読んでみた。
    ババアが辛辣な悪戯をしまくっていくという物語りながら高齢化社会の中疎外され寂寥感を募らせていく老人たちの怒りを表しているような気もする。
    たまに善行を施しているのは意外。

  • 小学生の頃から大好きで読んでるマンガです。
    その時のマンガはなくしてしまって、文庫で出た時はすかさず買いました。
    このマンガを見ているといつも元気になれます。

    いじわるばあさんはその名の通り、意地悪ばかりして周囲からけむたがられてるおばあさんです。
    いじわるばあさんには三人の息子がいますが、どこでも嫌がられてたらい回しにあってます。
    それでも全然めげずにいじわるを繰り返すいじわるばあさん。
    だけど、弱い者には絶対意地悪をしないし、基本的に子供と動物にはやさしい。
    それに意地悪もユーモアがあって、笑えるものが多い。
    意地悪にもセンスが必要なんだな~と思います。

    私もこんな風に歳をとりたいな~と小学生の頃から思ってました。
    このマンガのすごい所は、小学生にも笑えて良さが分かるのに、今見ても大人の笑いとユーモアを感じる所です。
    今も元気になりたい時は読んでます。
    いじわるばあさんを見習いたいな~と思ってます。

  • 姉妹社版で。

  • なんも疲れないで読める♪( ´θ`)ノ

  • サザエさん24歳にびっくり。
    ばあさん好きです。

  • (2010-04-17L)(2015-03-07)

  • サザエさんより好きだ

  • 080727(a 080802)
    081210(a 不明)

全11件中 1 - 10件を表示

長谷川町子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 町子
久住 昌之
東野 圭吾
宮部 みゆき
長谷川 町子
有効な右矢印 無効な右矢印

いじわるばあさん (1) (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする