実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.35
  • (6)
  • (21)
  • (36)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 314
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022610539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「日本語の作文技術」の続編だが、あまり意義を感じられなかった。前半部は前作のまとめだし、後半部は作文や日本語に関するエッセイを取りまとめたもの、「実戦」と言われて想像するような、より個別具体的な作文技術に関する記述はない。筆者の日本語観やその背景を知る読み物としては悪くはないが。

  • 読点ひとつ、助詞ひとつで文の意味が大きく変わってしまうことを改めて学ぶことができた。
    以前から指摘されていた、自分が意図している内容と、伝わっている内容に差があることを思い出された。
    話し言葉ではすぐに訂正や確認ができるけれども、文は残る。一対一対応する、明確な文を書けるようになりたい。
    修飾関係に注意しよう。

  • 3

  • 日本語力を伸ばす実用書。

    前編 実戦・日本語の作文技術
    後編 日本語をめぐる「国語」的情況

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50071928&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 東大京大教授が薦めるリスト100選抜


    No.92

  • これは名著。

  • これからも何度か読む機会があるであろう。本多勝一は右翼である。

  • いやー、日本人でありながら、日本語って大変だと感じた一冊。

    僕、正しい文章から程遠い文章書いていましたね。
    これ一冊読んだところじゃ、なかなか直りません。

    日本人としては読んでおいたほうがいいかも。

  • 前半分だけ読めば十分です。

全16件中 1 - 10件を表示

本多勝一の作品

実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする