大放浪―小野田少尉発見の旅 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.73
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022611161

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知りませんでした。こんな人がいたなんて。

    小野田さんという方がいたニュースは知っていても、誰が見つけたのかは知りませんでした。

    なんなんだろうこの人。

    むちゃくちゃすぎて意味がわかりません。
    戦争の跡がそのまま残る時代。
    HISもスマホもない時代に、一人の個人が旅行するレベルではない距離をまさに放浪した記録です。

    今読むと、にわかに信じがたいです。
    けがもなく、事故にも巻き込まれずにもどってきていること自体が。

    でも、むちゃくゃしながら、紀夫さんにしかわからない感覚で、今の世界にも通じることを感じ取られています。

    隣り合わせのいくつかの国のうち、ほんとうに日本に近い国と、そうでない国はどこなのか。
    東南アジアに「先に進んだ何かを持つ国」をして、物量まかせに出て行くやり方が、どういう結果を生むのか。

    何が間違っていて、どうやってつきあうべきなのか。

    圧倒的に、紀夫さんの感覚が正しいと感じさせられます。

    すごいでしょ?クールでしょ?日本って。

    時代が変わってもまだ、いつも、自分たちをそういう紹介の仕方をする間違いを続けているようにしか、どうしても思えなくなります。

  • 途中で挫折。紀行文は好みが出てくるなあ…

全2件中 1 - 2件を表示

鈴木紀夫の作品

ツイートする