「日本人」をやめられますか (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022611536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『「日本人」をやめられますか』(杉本良夫 朝日文庫 1996//1988)

    ISBN:9784022611536
    定価:661円(税込)
    発売日:1996年6月14日
    文庫判
    品切れ・再販未定

     国や民族といった枠にしばられずに、自由にリラックスして生きる道を、社会学者がわかりやすく説く。
    http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=3450


    【簡易目次】
    プロローグ 「文化分裂症」の快楽
    第1章 「英語帝国主義」の裏表
    第2章 日米豪比較から見えてくる日本像
    第3章 「日本人」は「日本的」か
    第4章 戸籍・国籍・国際化
    第5章 マルチカルチュラリズムの深層
    第6章 越境人間のスリル
    エピローグ 「日本の超克」

  • 近年ことさらに「国際人」というものが言われていますが、確かにこの言葉は「方法であって目的でない」と考えている人が多いと思います。
    英語が話せたら国際人か?出身国を離れたら国際人か?
    中身はわりとありきたりな日本人論でしたが、テーマの提唱としてはとても大きな意味を持つ本だと思います。

  • タイトルの割に、中身はありがちな異文化論・比較文化論である。
    オーストラリア生活に飛び込んだ著者の在外邦人としての経験談と学者としての論説を織りなして綴られた日本人アイデンティティ本。
    日米の比較はよくある話。そこでオーストラリアも比較対象に入れてみると、実は日本とアメリカの経済至上主義はがよく似ているのが見えてくる・・・という視線が新鮮だった。

全3件中 1 - 3件を表示

杉本良夫の作品

ツイートする