建築探偵 神出鬼没 (朝日文庫)

著者 : 藤森照信
制作 : 増田 彰久 
  • 朝日新聞社 (1997年3月発売)
4.00
  • (8)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 75人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022611802

建築探偵 神出鬼没 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建築に興味を持って最初に知ったのが藤森さんだった。久しぶりに読んで、やっぱり好きだなと思った。また色々な建物を見に行きたい。
    2017/5/7

  • 建築探偵の藤森照信氏があらゆる建築の謎を追うシリーズ、三作目にあたる。
    日本国内を飛び出してベトナムやら中国に突撃!彼の地に遺る洋館についてのリサーチと推理は相変わらずの藤森節で読んでいて楽しい。

  • 写真がいかにもバブル期って感じです。

  • 建築探偵シリーズ第3巻。行ったことのある大浦天主堂から話が始まったため、引き込まれるスピードが段違いだった。2巻よりも個々の話がうまく繋がっていて、最初の大浦天主堂から上海に行くあたりは本当に推理小説ものの探偵っぽくて読んでいて楽しい。1巻欲しいな・・

  •  建築探偵シリーズの第3弾 今回は海外まで進出している。
     気になったのは、上海・サッスーン邸 最近、梶山李之の「せどり男爵数奇譚」を読んだのだけれど、そこで、シェークスピアの初版本を主人公と駆け引きし、手に入れるのが上海のヤッスーン財閥の夫人となっている。それだけなんだけれど何となく読書が連環していくと嬉しくなる。
     もうひとつは、東京女子大学で如月小春の名前が挙がっていたこと。(卒業生なのですね。)本の発行日を見ると1997年とある。まだ、如月小春さんが生きていた頃に出版されていたということか。如月小春さんのエッセイは何冊か読んでいたのでこれも何となくひっかかった。それだけのことではあるけれど…

  • まさに建築に見せられた人の散歩。

  • 朝日文庫建築探偵シリーズの3。

  • 遠出する時、その近辺にこのシリーズに載っていた建物があればちょっと足を伸ばして見に行くことも幾度かありました。

  • 善通寺の世界館、見にいきましたよ

全10件中 1 - 10件を表示

建築探偵 神出鬼没 (朝日文庫)のその他の作品

建築探偵神出鬼没 単行本 建築探偵神出鬼没 藤森照信

藤森照信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有川 浩
三浦 しをん
ウンベルト エー...
ヴィクトール・E...
サン=テグジュペ...
有川 浩
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

建築探偵 神出鬼没 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする