帝都復興せり!―「建築の東京」を歩く1986‐1997 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022611888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書が書かれたのは1986年、バブルの時代。文庫本は1997年。いつ終わるとも見えない失われた20年も越え、震災復興建築がどれだけ残っているのだろう。
    そして、これからの建築はどれだけの思想性・社会性・時代性を含むものになるのだろうか。
    (たぶん再読)

  • 1988年に平凡社から出版された単行本を、さらに8年後に新たなあとがき、現存物件のデータ(88年/96年の比較)をくわえて文庫化したもの。本文は単行本と同じ。使用されている写真の数は当然単行本のほうが多いが、文庫のみに掲載されている写真、別アングルの同じ建築の写真などもあり興味深い。本文についての感想は、単行本の項を参照。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

松葉一清
1953年神戸生まれ、76 年京都大学建築学科卒、朝日新聞社特別編集委員などを経て2008年から武蔵野美術大学教授。主な著書に『近代主義を超えて』(鹿島出版会)、『日本のポスト・モダニズム』(三省堂)、『帝都復興せり!』(平凡社、朝日文庫)、『パリの奇跡』(講談社現代新書、朝日文庫)、『アンドウ 安藤忠雄・建築家の発想と仕事』(講談社、英語版・講談社インターナショナル)、『現代建築のトリセツ』( PHP 新書)、『集合住宅──二〇世紀のユートピア』(ちくま新書)などがある。2011年日本建築学会建築文化賞、2017年不動産協会賞。

「2017年 『安藤忠雄 建築家と建築作品』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松葉一清の作品

帝都復興せり!―「建築の東京」を歩く1986‐1997 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする