日本神話の考古学 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.26
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 81
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022612588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史や考古学なんて面白くないものでした。
    もちろん学校教育の賜物です。

    大人になったからなのか、
    教科書以外の本に接するようになったのか、
    歴史は面白いものです。

    それは物語として読むからなのです。

    歴史だって神話だって、考古学だって、
    物語として思えばこんなに面白いものはありません。

    それが創作であっても、史実であっても、
    物語としてすぐれているのであれば面白いものです。

    そう、島根の出雲って島根島だったのですね、
    宍道湖は海だったのですね、
    という前知識をもって出雲へ行ってきました、
    ほら、そういえば平地ばかりです、洲なのですね、
    そして向こう側だけ険しい岩山のようです。

    なるほどねー、

    歴史をしって各土地に行くと、
    それだけで面白い。

  • 神武東遷の話が面白かった。

    古代では水路の方が重要とか、河内は湾→潟→湖だったとか、現代に生きていると忘れがちなことを、素人にもわかりやすく解説してあるので、無理なく読める。

    『紀』で地名の後に「邑」がついている場合、そこにはしばしば弥生時代前後の大遺跡がある、等の知識も散りばめられていて、考古学によって記紀の神話部分が肉付けされ立ちあがってくることに、思わず興奮した。

  • 2017.7.23 読了

  • 立花隆『ぼくはこんな本を読んできた』
    考古学の専門家が日本神話を見直すと、何が見えてくるか。

  • 「イザナキ、イザナミの人物像は」「黄泉の国はどこにあったのか」「三種の神器・八咫鏡に有力候補」「古代出雲の姿とは」…。日本神話に秘められた古代史の真相に、考古学の成果と実地踏査から迫る。考古学者である著者が、タブーとされたテーマに挑んだ問題作。

全7件中 1 - 7件を表示

日本神話の考古学 (朝日文庫)のその他の作品

日本神話の考古学 ハードカバー 日本神話の考古学 森浩一

森浩一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本神話の考古学 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする