心はなぜ苦しむのか (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.47
  • (3)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022612755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1/5読了。

  • 2012/02/15

  • 思っていた本と全然違った。良い意味で。
    対談集なんだけれども、これだけ深く突き詰めた対談集を読んだことが未だかつてない。
    精神的な病名なんかも次々と出てきて非常に勉強になる。
    読むのに少しガッツがいるのが難。

  • 子供の人生に母親が強く影響するなら、わたしが母親になったとき、自分の利害抜きでまず子供を大切にしたいと思う。

  • いい感じで、どうでもよくなる。
    なので、どうでもよくなりたくなった時に、再読したい。

  •  新聞記者が自分の人生をさらけ出して、
     岸田秀ととっくみあい。
     岸田秀のちょっと引いた態度に腹が立ってくるほどだけれども、
     この対話を出版したというころは、
     どちらも真剣に、
     自分の命を見据えて語り合ったんだろうと思う。

     この本を読んでみて、
     「へっ」と思う人を、
     わたしは信用できない。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1933年、香川県生まれ。早稲田大学文学部卒業。和光大学名誉教授。精神分析者、エッセイスト。著書に『ものぐさ精神分析』など。

「2018年 『エスの本 ある女友達への精神分析の手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

心はなぜ苦しむのか (朝日文庫)のその他の作品

心はなぜ苦しむのか 単行本 心はなぜ苦しむのか 岸田秀

岸田秀の作品

ツイートする