まぼろしの郊外―成熟社会を生きる若者たちの行方 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.48
  • (11)
  • (24)
  • (48)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022612908

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後の日本が邁進してきた成長の道は、「バラ色の郊外家族」という夢が人びとに分け持たれてきたことに基づいています。しかし、社会の成熟によってこうした「郊外幻想」は崩壊し、社会の行く末について明確なヴィジョンを抱くことのできない時代に入ったと著者は考えます。本書は、とくにブルセラ女子高生に対して著者がおこなったフィールド・ワークの結果を示しながら、こうした時代を生きていくための方法を模索する試みです。

    90年代という時代の刻印が深く記されたエッセイだという印象を受けました。その後、不況の長期化や労働の自由化が進み、また東日本大震災以降は社会の価値観にも変化が生じましたが、本書で論じられているような問題は形を変えて今も受け継がれているようにも感じます。

  • あとがきの音楽史を社会学的な視点で批評していく箇所が一番面白い。

  • ある意味趣味。

  • 宮台の短いエッセイをまとめたやつ
    そうっすねだね

著者プロフィール

社会学者。首都大学東京教授。著書に『日本の難点』(幻冬舎)、『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』(二村ヒトシ共著/KKベストセラーズ)ほか多数。

「2017年 『子育て指南書 ウンコのおじさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まぼろしの郊外―成熟社会を生きる若者たちの行方 (朝日文庫)のその他の作品

宮台真司の作品

ツイートする