暗闇の戦士たち―特殊部隊の全て (朝日文庫)

制作 : Martin C. Arostegui  平賀 秀明 
  • 朝日新聞社 (2001年8月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022613523

暗闇の戦士たち―特殊部隊の全て (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2001年刊。第二次世界大戦~湾岸戦争期までの特殊部隊の活躍(厳しい訓練をしたぞ、上手く相手を叩き潰した、ばんざーいと言う他ない中身)を、事細かな具体的戦績を挙げて指摘。何せ細かい情報をバンバン入れてくるので読みにくい。また、各作戦の外交上・戦術上の位置づけを明らかにせず、特殊部隊の活動の背景事情をあまり説明しないまま独立派やテロリストを何の説明もなく悪人に擬すため、読みにくい。加え、個々の叙述テーマが明示されず、どの時代、どの国の特殊部隊か、どの戦乱にどの部隊が関与したかも相当錯綜した叙述。読みにくい。
    本書のように細かな事情がいくら描写されても、方向性を定める意思決定に関与することはない。つまり、そもそも本書のような特殊部隊のボトム目線での叙述では、相手方のテロ実働部隊の顔も見えないばかりか、彼らも、そしてテロ実働部隊も、これを操る権力者・指導者のただの駒でしかない事実を、かえって炙り出している感あり。

  • 廃版となって、神田の古本屋では、1,000円で販売しているを知ったところ、近所のブックオフでは、500円で売っていたので、ついつい購入。

    国家間の国際政治の要素はなく、純粋な戦記モノなのである。
    特殊部隊の1名・1部隊単位での戦場・訓練風景のインタビュー・噂話からの著述がほとんどと思われる。
    難点としては、スラングを強引に和訳をしているので、分かりづらい。
    又、文章の各章内で、例えばSASの話をしていたところに、いきなりグリーンベレーの話をするように文章間のつながりが悪い印象。

    初めて知った点は、
    特殊部隊の老舗であるSASの創世記
    湾岸戦争のスカッド狩り
    パナマ紛争での苦戦
    GIGNのハイジャック対応、対策

全2件中 1 - 2件を表示

暗闇の戦士たち―特殊部隊の全て (朝日文庫)のその他の作品

The Twilight Warriors: Inside the World's Elite Forces ハードカバー The Twilight Warriors: Inside the World's Elite Forces マーティン・C.アロステギ
Twilight Warriors (Special Warfare Series , No 6) マスマーケット Twilight Warriors (Special Warfare Series , No 6) マーティン・C.アロステギ
Twilight Warriors ペーパーバック Twilight Warriors マーティン・C.アロステギ

マーティン・C.アロステギの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする