いのちまんだら (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022613547

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4年以上前に購入した本なので、どんなお話だったかははっきり憶えていませんが、結構面白く読めた記憶はございますです

  • 「命の洗濯」この言葉に自分の日々の生活に欠けていた感謝の気持ちを思い出した。「命の洗濯」をしたい方は是非。心が初心に帰る一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

灰谷 健次郎(はいたに けんじろう)
1934年10月31日 - 2006年11月23日
兵庫県神戸市生まれの児童文学作家。定時制高校商業科を卒業。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師に。そのかたわら、児童詩誌『きりん』の編集に関わる。
短編小説「笑いの影」が問題となり、事件身内の不幸が重なったことを契機に1971年小学校教師を退職、沖縄・アジア各地を放浪。1974年『兎の眼』で児童小説デビュー。その他代表作に『太陽の子』『ろくべえまってろよ』、テレビドラマ化された『天の瞳』などがある。

いのちまんだら (朝日文庫)のその他の作品

いのちまんだら 単行本 いのちまんだら 灰谷健次郎

灰谷健次郎の作品

ツイートする