耳のこり

著者 :
  • 朝日新聞社
3.54
  • (10)
  • (12)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 128
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022614469

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 群さんの本での対談を読んだことで芋づる式読書♡

    文章力のすごさはもちろん、観察力に圧倒されたり、
    吹き出せずにいられない爆発力のあるネタだったり。

    爆笑したのは深田恭子ちゃん。
    ご本人曰く、前世はイルカで前々世は
    マリーアントワネットだったらしい。
    根拠は大好きだから。

    マリー時代に多くの人に苦しみを与えたため、
    次はイルカに生まれ変わり人々に幸せを与え、
    マリーの施した悪をイルカで浄化した絵図。
    マリーと恭子の間にイルカを挟んだ彼女の本気と
    そこにつっかかるナンシーさんの天晴さ。

    マスコミの情報操作に真っ向から挑み、
    松岡修造の熱さにもいち早く反応したナンシーさん。
    ナンシーさんが生きていたら今の日本や
    来るオリンピック、ぼんやりとしてしまった
    日本の文化をどう斬ってくれたのかつくづく惜しい。

  • 2017/08/30

  • 若くして亡くなって15年、でもたまにナンシー関さんの本が読みたくなるんだなぁ。
    出版されてるのは、最新でも15年前だから、ネタとしちゃ古くて、あ、こんな人いたなぁとか、こんな人いたっけ?とか、あぁ、あったあった!こんな事!といった感満載なんだけど、それでも誰もがテレビを見てモヤっとしてた事を的確な日本語で言い表わしてくれて、そうそう!あのモヤっとはこういうことだったのよ!と膝を打つ。
    亡くなって15年の間に、これをナンシー関さんならどう描いてくれるかなぁと思う事がいっぱいあって、本当に残念で仕方ない。
    でもナンシー関さんを知らない世代でも、ファンが増えてると聞き、あの日本語のチョイスの素晴らしさ!は今尚人を惹きつけるんだなぁと感心。
    また他の本も読み返してみよ。

  • 作者が生きていたら、是非ともこの続きを読んでみたいと思います。

  • これは好きなタイプのエッセイだろ、と思って買ったらそうでもなかった。ちょっと毒が多すぎて…。ヤワラさんについてのスタンスは共感するけど。これらのネタが旬の時に読めばまた違った感想になったのかな。

  • テレビを見る時間はめっきり減ったけど、ナンシー関がもし生きてエッセーを書き続けてくれていたら…きっと確認したいがためだけにテレビをもっと見てた気がする。

  • このシリーズもうどれが既読でどれが未読だかさっぱりわからんくなっちゃったんだけど…
    覚えなかったし未読だったぽいな
    内容は安定のナンシークオリティ
    10年たった今になって読むと、そういえばこういうことあったなぁと懐かしくも読めるね。

  • 最後の文庫版…!

  • もう亡くなってから8年とか経つんすかね。
    この人の文章が読めないのが残念です。

  • 2000年ぐらいの芸能ニュースについてをナンシー関目線で。
    独特な視点の感じはリアルタイムだともっとおもしろかったはず。

    しかし、10年一昔って感じで、あーそんなこともあったなぁって本当に感じる。
    その時代あんなに騒いでいたあの人たちが、その後・・・。
    この頃にもどって教えてあげたい。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962-2002 青森県生まれ。法政大学中退。消しゴム版画家。雑誌のエッセイや対談でも活躍中。著書に『ナンシー関の顔面手帖94夏』『信仰の現場』『小耳にはさもう』ほか多数。

耳のこりのその他の作品

耳のこり 単行本 耳のこり ナンシー関
耳のこり (朝日文庫) Kindle版 耳のこり (朝日文庫) ナンシー関

ナンシー関の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナンシー関
ナンシー 関
ナンシー関
ナンシー 関
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印

耳のこりを本棚に登録しているひと

ツイートする