100億年の旅・3 脳とビッグバン 生命の謎・宇宙の謎 (朝日文庫)

  • 27人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (0)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 立花隆
  • 朝日新聞社 (2004年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022614520

100億年の旅・3 脳とビッグバン 生命の謎・宇宙の謎 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年刊行。月刊誌「サイアス」連載のレポート集。時期は1999年4月~2000年3月。テーマは、ビッグバン、宇宙線。脳、MR、細胞内ATPである。最先端の専門家との対談・リサーチを踏まえているので、端緒として有益な一書。

  • シリーズ第3巻です。今回は、宇宙の謎と生命の謎が取り上げられています。

    まずは、「インフレーション理論」の提唱者の一人である佐藤勝彦のもとに取材をおこない、現在の物理学がビッグバンについてどこまで理解できているのかということが紹介されます。

    生物の謎に迫るパートでは、脳の神経細胞の増殖に関する研究や、MRによる脳機能の解明、さらに生物のエネルギーを生み出すATP合成のプロセスについての日本人研究者の取り組みなどが扱われています。

  • ビッグバンとインフレーションの関係がわかり、宗教との対立がおもしろい。

全3件中 1 - 3件を表示

立花隆の作品

100億年の旅・3 脳とビッグバン 生命の謎・宇宙の謎 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする