ヤクザが恐喝りにやってきた 暴力団撃退マニュアル (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022614650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【要約】


    【ノート】

  • 装丁から、POPなヤクザ体験記かと思ったのだが、一人の一般人がヤクザに恐喝され搾り取られる悲劇がつらつらと述べられる。
    その内容は、ただ経緯を追っただけで、パーソナリティというものがない。
    登場人物は、被害者A、ヤクザA,情婦A・・・という役割が与えられて、そらそうだろうなあ、という結末を迎える。
    ただの事件簿、産経の「衝撃事件の核心」のロングバージョンのようなものだ。
    飽きたら読み飛ばしても全く問題がない。


    そして鼻についたのが、時折現れる著者の自己顕示欲だ。
    彼は飲食店のオーナーらしいがさもありなん。
    飲み屋のオヤジの人生訓や「今時の若いものは」的説教を聞かされ、自分がいかに被害者救済にあたったかを被害者に語らせる。

    かくしてひとつの疑念が浮かんだのである。
    あまりにも想定通りの事件の進行。
    調書にしてはいやにリズムのあるヤクザの供述。
    著者自身の賞賛。

    ――この事件、本当にあったのだろうか?

  • ここに出てくる話が実話と思うととても怖い。

    ヤクザにイチャモンをつけられて金品を要求されたらどするか?
    いざという時のために予め知識を持っておくことは非常に重要と感じる。脅迫と暴力に怯える気持ちに絡め捕られ、奴らの金蔓となってしまわぬために。

    著者は、決して一人にならない(抱え込まない)こと、しかるべき機関(暴対センターや警察)に相談することを勧めている。

  • 意外と面白かったwww

    にしてもさいてーなやつらだなぁ。引っかかるほうも引っかかるほうだが、やるほうもやるほうだ。

    すべてのやくざ屋さんがこの手口を使うのかどうかわからないけれど、型にはめるってのはこんな感じなんでしょうね。

    自分もこの立場になったらと思うと、本当に恐ろしい。何事も最初が肝心ってことなので、やばいと思ったらとりあえず警察にかけこむことにしよーっと。

  • 実際、こんなこともあるんだ。しかし、この供述調書のこむずかしい文章は、もっと平易にした方が良い。

全5件中 1 - 5件を表示

ヤクザが恐喝りにやってきた 暴力団撃退マニュアル (朝日文庫)のその他の作品

宮本照夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野村 克也
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする