江戸開城 遠い崖7 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-7)

著者 : 萩原延壽
  • 朝日新聞社 (2008年1月11日発売)
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 28人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615497

江戸開城 遠い崖7 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸開城の際の、所謂、「パークスの圧力」に関しての著者の見解が興味深い。つまり、西郷は、パークス(イギリス)により、自らの意見を変えたのではなく、それを強硬派に対して利用しただけ、というもの。また、当時の英人医官ウィリアム・ウィルスの人道的な貢献も記憶に残る部分であった。

  • 2008.2.11

全3件中 1 - 3件を表示

萩原延壽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドナルド キーン
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸開城 遠い崖7 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-7)はこんな本です

ツイートする