帰国 遠い崖8 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-8)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615503

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英国外交官が明治新政権の中心人物たち ( 岩倉具視、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳など ) をどう見たか、の人物評がおもしろい。

  • 廃藩置県など、新政府立ち上げの政策決定に関する、イギリスサイドからの見方は興味深い。
    岩倉具視と木戸孝允の評価が高い一方、大久保利通は、まだこの時点でイギリスの前に現れてこない。
    岩倉とパークスの会談の様子から、岩倉の率直さに、彼の自信の程が感じられる。
    イギリスが、征韓論の背景にアメリカが暗躍していると疑っていたのか・・・。

  • 2008.2.11

全4件中 1 - 4件を表示

萩原延壽の作品

ツイートする