大分裂 遠い崖10 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-10)

著者 :
  • 朝日新聞社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・明治6年の政変に関する関係要人の思惑など、著者の分析も含めて興味深く読むことができる。特に西郷の心を推察するところは読み応えがある。
    ・大久保の覚悟は、対西郷というよりも、江藤新平や副島種臣ら佐賀藩出身者を中心とする反薩長への動きに対する対抗ではないかと思う。何れにしても、「よく言われていること」だけでなく、一歩掘り下げているところが、本作品の素晴らしい所以。
    ・本巻では、ウイリアム・ウイルスに関しても紙面を割いている。彼は真摯に日本医学の発展のために尽くしていたが、金への執着心が強かったこと、また、その遠因が幼少時期のアイルランドのポテト飢饉に及んでいるとは新しい発見。

  • 2008.2.10

  • 征韓論から西南戦争に向かう頃の西郷の内面を知るのは難しいが、よくそれに肉薄していると思う。でも西郷はどのような社会を作りたかったのだろうか。内面の思いを具体的な国家像に結びつけることは出来なかったのか。
    明治維新以降の政治についても興味がでてきた。そのきっかけを作ってくれた本。

全4件中 1 - 4件を表示

萩原延壽の作品

ツイートする