北京交渉 遠い崖11 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・本著では、北京交渉の描写を通じて大久保利通の政治家としての凄みを実感できる。具体的には、以下。
    ・自らが、全権を以って交渉に乗り出す姿勢(逃げない)。その間、3ヶ月半。
    ・イギリスが仲介に入るが、その見返りを言い出せない程、隙を見せない。
    ・台湾からの撤退についても自らが乗り込んで西郷従道等を説得する。
    ・清国からの賠償金の大部分を、彼等に戻すことを提案する。(実現しないが)

    信念に基づき、成し遂げる力、粘り、まさに大久保は、日本近代国家の最高級の政治家ではないか。
    (現在の政治家では想像ができない実行力)

  • 2008.3.18

全3件中 1 - 3件を表示

萩原延壽の作品

ツイートする