西南戦争 遠い崖13 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 は 29-13)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・サトウは長い賜暇から東京へ戻る前に鹿児島に向かう。そこに西郷がサトウを訪れるが、多くの護衛が付き添い、西郷を決して自由にしなかった。
    サトウは、西郷が西南戦争の首謀者ではなく、周囲に身を任さざるを得ない状況を察した。西郷贔屓のサトウは、不思議と西南戦争に関して日記等で記録をしていない。
    ・サトウの大久保利通暗殺の際のコメント。「たしかに大久保は自分の目的に役立つような場合をのぞくと、外国人の助言を求めたり、外国人との友情をふかめたりするつもりはなかった」・・・西郷はそうではなかったと。
    ・ウイルスの帰国及び二度目の来日については、彼や周囲の手紙から彼の心の内を赤裸々に触れている。改めて著者の膨大な文献の分析力に脱帽。
    ・サトウの明治10年代の日本での活動は、政治的な活動よりも、国学の研究、地方紀行等、文化人的活動が主になっている。
    当時、来日していたイザベラ・バードが日本の歴史、宗教等を教養のある日本人に質問すると、「あなたはサトウ氏にきいてみるべきです。かならず教えてくれますよ」と、はぐらかされることがよくあった。サトウの日本通としての名声はゆるぎないものになっていた。

  • 2008.4.5

全3件中 1 - 3件を表示

萩原延壽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドナルド キーン
ドナルド キーン
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする